CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン採掘機器3万台購入 環境配慮の米マイニング企業が規模拡大

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マイニング機器3万台の購入契約

マイニング企業テラウルフ社(TeraWulf)が、ビットメイン社の最新マイニング機器「Antminer S19jPro」3万台の購入契約を締結したことがわかった。今回購入した機器は、2022年1月から6月にかけ分配されて納入される。

採掘マシーンの設置が完了すると、テラウルフ社のハッシュレートの合計は毎秒3EH(エクサハッシュ)増加すると予想されている。(エクサ(E)は、ギガ(G)、テラ(T)、ペタ(P)の上の単位で10の18乗)1EH/sとは、1秒間に100京回のハッシュ計算ができる能力を意味する。

ハッシュレート

ハッシュレートとは、マイニングにおける採掘速度のこと。単位は「hash/s」で、1秒間に行う演算回数を示す数値を表している。

▶️仮想通貨用語集

テラウルフ社

テラウルフ社は、マイニングで消費する全ての電力を、カーボンゼロのエネルギー源とすることを目指しており、原子力発電や水力発電を利用して90%以上の電力を賄う2つのマイニング施設の計画を発表している。

その一つが、ペンシルバニア州の原子力発電施設に設置された「Nautilus Cryptomine」で、2022年4月までに100MW、2022年第3四半期までに300MWの電力供給が可能になると見込まれている。

もう一つはオンタリオ湖畔の水力発電を利用する「Lake Mariner Mining」。石炭発電所の跡地を利用したエネルギー転換のモデルとなる施設であり、完成後は500MWの電力需要に対応できるようになるという。

同社はマイニング機器メーカーMinerVa社と提携を結び、ビットメイン社製を含む合計6万台の採掘機器を発注済みで、今年中に50MW相当のマイニングを稼働する予定だという。さらに、2025年までには、800MWレベルまでマイニング能力を高め、23EH/s以上のハッシュレート実現を目指している。

米ナスダック上場企業と合併

テラウルフ社は、6月25日、米ナスダックに上場している画像技術企業IKONICS Corporation (Nasdaq: IKNX)との経営統合を発表。両社は新たに設立された持株会社「TeraWulf Inc.」として合併契約を締結した。

TeraWulf Inc.は、ティッカーシンボル「WULF」でナスダック上場を予定しているという。

テラウルフ社の会長兼CEOであるPaul Prager氏が新会社を率いるが、最高財務責任者や法務責任者をはじめとする経営陣もすべて同社の現行メンバーが務めることになる。

環境へ配慮したマイニング

多くの暗号資産(仮想通貨)懐疑派がビットコインに反対する主な理由の一つに、マイニングが大量の電力を使用し、環境へ多大な負荷を与えるという議論がある。テスラ社のイーロン・マスクCEOが5月に、マイニングによる化石燃料使用の増加へ懸念を表明し、ビットコイン価格の急落につながったことも記憶に新しい。

一方、マスク氏は実際にどれだけの化石燃料の増加が見込まれるのかのデータや、マイニングにおける再生可能なエネルギー使用の実態などには言及しておらず、仮想通貨業界からは非難の声も多く上がった。

関連:ビットコイン急落 テスラ社のBTC決済中止受け

世界の潮流からみると、持続可能な社会を目指す流れは止まらないようだ。日本政府も昨年、2050年までにカーボンゼロを達成する目標を掲げ、その目標達成のためグリーン成長戦略をまとめている。

米ニューヨーク州では、環境上の懸念から、化石燃料由来の電力を利用した仮想通貨マイニングを制限する法案が州上院で可決されるなど、厳しく取り締まろうとする動きが見られる。

関連:米NY、炭素由来のビットコインマイニングを制限する法案進める

テラウルフ社の「環境に配慮した持続可能なビットコインマイニング」という戦略は、仮想通貨を支えるマイニング産業を環境活動家からの攻撃や政治的論争から守ることに貢献することになるだろう。さらに、環境問題に敏感な人々がビットコインを受け入れる心理的ハードルを下げることにも寄与するのではないだろうか。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧