ドーシー氏がスクエアの新事業発表、ビットコインの金融サービス関連で

ドーシー氏がスクエアの新事業発表

米決済企業スクエア(Square)が、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)に焦点を当てた新たな事業部門を計画していることが分かった。スクエアとツイッターのCEO、Jack Dorsey氏が発表した。

Dorsey氏は次のようにツイートしている。

スクエアは、Seller、Cash App、Tidalに加えて新たな事業を始める。ノンカストディアル、パーミッションレス、分散型の金融サービスを簡単に構築できるようにすることを目標とした、オープンな開発者プラットフォームの構築である。主にビットコインに焦点を当てたもので、その名前は「TBD」だ。

まもなく、この新事業のツイッターアカウントとgithubアカウントで、さらに詳細が報告される予定だとしている。尚、ノンカストディアルとは一般的に、ユーザー自身が秘密鍵を所有すること。パーミッションレスは、アクセスに許可を必要としないことを意味する言葉だ。

パーミッションレス

ブロックチェーンにおいては、管理者の許可(パーミッション)なく、誰でもネットワークにアクセスできるという意味。

▶️仮想通貨用語集

Dorsey氏によると、先日発表されたビットコインのハードウェアウォレット開発プロジェクトと同様に、新事業も完全にオープン(公開)なものとなり、ロードマップが公開され、オープンソースで開発されるという。

関連米決済大手スクエア、ビットコインのハードウェアウォレット開発へ

スクエアは現在、ビットコインの開発支援に特化した「Square Crypto」というプロジェクトも行っているが、Dorsey氏によると、このプロジェクトでスクエアは開発者に資金援助を行っているだけで開発自体を主導しているわけではない。

まもなくビットコインのイベント開催へ

Dorsey氏は先月、ビットコインについて識者が語る「The ₿ Word」が7月21日に開催されることも知らせている。企業や組織がビットコインを活用していくことを主題としたイベントで、Dorsey氏の他には、大手ヘッジファンドARK InvestのCathie Wood CEO、ブロックチェーン技術企業BlockstreamのAdam Back CEOなどが登壇予定だ。

「The ₿ Word」は仮想通貨の業界団体「Crypto Council for Innovation」(仮想通貨イノベーション評議会)が主催する。

関連マスク氏も関心か 仮想通貨業界団体、7月にビットコインのイベント開催へ 

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します