CoinPostで今最も読まれています

米CFTC委員「SEC(証券取引委員会)は、仮想通貨など商品に対する権限は持たない」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨規制の管轄は

米商品先物取引委員会(CFTC)のブライアン・クインテンツ委員は、証券取引委員会(SEC)に暗号資産(仮想通貨)に対する権限はないと発言した。

ここではっきりさせておきたいのは、その商品が小麦であれ、金であれ、石油であれ、暗号資産であれ、SECには、純粋な商品やその取引所に対しては、何の権限もないと言うことだ。

クインテンツ委員のツイートは、ゲーリー・ゲンスラーSEC委員長が、今週行なった講演で、「仮想通貨の大半は、有価証券に該当する可能性がある」との発言を受けたもの。ゲンスラー委員長は、証券市場の監督責任を負うSECに、仮想通貨規制に対する拡大した権限が付与されるべきだと主張していた。

関連:米SECゲンスラー委員長「現在流通する仮想通貨の大半は、証券法対象となる可能性がある」

また、米下院農業委員会の共和党議員は、クインテンツ委員の発言をリツイートし、「クインテンツ委員は正しい。仮想通貨はSECよりも大きい」と述べた。さらに、下院が「投資家とデジタル経済の技術革新を保護するため」のルールを作成するべきだと付け加えた。

さらにクリス・ジャンカルロ前CFTC委員長も、クインテンツ委員を支持する立場を表明している。

ビットコインと仮想通貨市場の規制経験を持つ唯一の米国の規制機関は、SECではなくCFTCだ。

ジャンカルロ氏は在任中、柔軟な仮想通貨規制を訴え「仮想通貨の父」(Crypto Dad)として業界から親しまれた人物。現在は、非営利団体デジタルドル財団の共同設立者として、米国における中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究開発を支援している。

同氏は、バイデン政権が「良識ある仮想通貨規制」に真剣に取り組むつもりがあるのなら、CTFCの委員長を指名すべきだと付け加えた。CFTC委員長は大統領が任命し上院の承認を必要とするが、現在、5月に退任したヒース・ターバート(Heath Tarbert)前委員長の後継者は、まだ指名されていない。

CFTCとは

CFTC(商品先物取引委員会)とは、商品取引所に上場する商品や金利、デリバティブ全般など、米国の先物取引市場を監督する機関。

▶️仮想通貨用語集

ビットコインとイーサリアムの分類を明確化

仮想通貨に対する「唯一の規制経験」をCFTCが主張する理由の一つには、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の規制上の扱いについて明確な指針を示した経緯があるからだろう。

CFTCは2015年より「ビットコインはコモディティ」との判断を主張しており、2017年にはビットコインの先物取引を開始した。2018年3月には、ニューヨーク連邦裁判所がCFTCの定義を支持し、CFTCがビットコインの規制当局としての権限を有するとの判断を下した。この司法判断により、米国におけるビットコインの法的地位が確立し、ビットコインに対する規制が明確化したと言える。

関連:「仮想通貨はコモディティ(商品)」CFCTの判例が示す仮想通貨規制の道筋

2019年10月、ターバート前委員長はイーサリアムはコモディティであるとの見解を明らかしている。また、同氏はビットコインとイーサリアムについては、SECも証券でないと判断に同意していると発言した。

このような経緯から、ビットコインとイーサリアムについては、有価証券に該当しないとの評価が定まってきたようだ。

ビットコインについては、ゲンスラー委員長も先の講演で「サトシ・ナカモトのイノベーションは本物」であり、「金融と通貨の分野で変化の触媒となっている」と述べ、高く評価している。

規制当局間の連携は可能か

米国における仮想通貨規制は、今回のクインテンツ委員らの発言にも見られるように、規制当局の管轄に関しても曖昧さが残ると言う問題を抱えているようだ。

CFTCのドーン・スタンプ(Dawn Stump)委員は、規制機関ごとに、監督を行う範囲が定められていると指摘している。

関連:「創造的な試みを可能にすべき」米CFTCコミッショナー、仮想通貨規制を語る

例えば、CFTCはデリバティブ取引所bitMEXに対し、マネーロンダリング対策や本人確認要件を怠り、未登録のプラットフォームを運営したとして訴訟を起こしている。一方、SECは様々な仮装通貨プラットフォームが行なったICOを証券法違反で訴え、多額の罰金を科してきた。米リップル社に対する訴訟は現在も継続中である。

CFTCは昨年、仮想通貨を「21世紀のコモディティ」とみなし、2024年までに市場の健全な発展を促す規制を確立する計画を発表した。その中で、多様なトークンの分類に関しては、SECの判断も欠かせないと示唆している。そのため、両当局の緊密な連携が進まない限り、米国での明確な規制の枠組みづくりは困難だろう。

関連:「健全な発展を促す仮想通貨規制 米CFTCが2024年までに確立へ

新たな規制法案が提出

今週、米国連邦議会に提出された新たな仮想通貨規制法案は、CFTCとSECの管轄領域をより明確にするとともに、連携を促す内容が含まれているようだ。

ドン・ベイヤー下院議員によって提出された法案「デジタル資産市場構造と投資家保護法」(Digital Asset Market Structure and Investor Protection Act)では、SECにデジタル資産証券に関する権限を、CFTCにデジタル資産に関する権限を与えるとしている。

そのため、仮想通貨市場の時価総額および取引量で上位90%のトークンに関しては、SECとCFTCが共同で規則を作成するものとし、仮想通貨の分類に法的な明確性を提供するというものだ。

米国における効果的な仮想通貨規制整備に、両機関の連携が欠かせないことは明らかだ。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はBTCから
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧