米住宅ローン大手、仮想通貨決済に対応へ

大手住宅ローンがビットコインを受付に

米大手住宅ローン企業United Wholesale Mortgageが年内に暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)による決済に対応する計画をしていることがわかった。地元紙Detroit Free Pressが報じた。

United Wholesale Mortgageは米国において2番目に規模の大きい住宅ローンの貸し手であり、2020年度に3,700億円相当の利益を上げていた。

報道によると、同社はまずビットコインへの対応から開始し、その後はイーサリアム(ETH)やその他銘柄にも対応するという。また、Mat Ishbia CEOはSNSで、「住宅ローン市場の新たな需要に応えるために、仮想通貨決済の実施可能性や必須条件などを査定している」と述べている。

United Wholesale Mortgageがどの仮想通貨決済サービスプロバイダーを利用するかといった詳細は現時点では明確ではない。

米国では仮想通貨による住宅ローンのペイメントが実施された事例はまだ見られていない。一方、先日スペインでは同様な決済方法を合法化する法案が野党によって提出されたことが報じられた。

関連米大手映画チェーンAMC、年内にビットコイン決済対応へ 仮想通貨関連の事業戦略に意欲

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザー(robo-adviser)は個人投資家向けの自動資産運用システム。投資家がいくつかの質問に答えることで、資産規模やリスク許容度を自動的に判定し、分散投資などに関する情報を提供する。

▶️仮想通貨用語集

関連約3兆円運用の米大手投資企業Wealthfront、ビットコイン・イーサリアム投資信託にも対応

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します