クリプトスペルズの開発企業、LINE Blockchainプラットフォーム利用でNFT発行サービスを開始

LINE Blockchainプラットフォームを利用

ブロックチェーンゲーム・NFTサービスの開発を行う国内企業CryptoGames株式会社が、LINE Blockchainプラットフォームを利用し、一次流通を担うNFT発行サービスの提供を開始したことがわかった。

CryptoGamesは2018年に立ち上げられた企業で、人気ブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年にリリースしている。

今回、LINE Blockchainプラットフォームが採用されたのは、同社独自のNFTマーケットプレイス「NFTStudio」だ。

発表によると、LINE Blockchainプラットフォームを採用することで、ユーザーがLINEアプリからログインができ、LINE BITMAX WalletでのNFT管理や、クレジットカード決済によるNFT購入も可能になるという。

CryptoGames社は「LINE Blockchainプラットフォームを採用したNFT発行・流通を促進することで、一般層の市場参画を促進するとともに、包括的なエコシステムの構築に向けたNFTサービスの普及を目指していく」としている。

LINE Blockchainプラットフォームとは

LINE Blockchainプラットフォームは、LINEが独自に開発したブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたプラットフォーム。企業は開発者向けツールの「LINE Blockchain Developers」を通じてトークンを発行し、LINEのユーザーに、「LINE BITMAX Wallet」でトークンの管理・連携するサービスを提供することができる。

▶️仮想通貨用語集

著者:菊谷ルイス
参考:公式発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します