SEC・CFTC:連携して調和性を保った政策や規制を築いていく事の重要性を強調

SECとCFTC、DOJ(司法省)が一同に介す対談
米国政府関係者がニューヨークで行われたコンセンサス2018で仮想通貨やICOについてパネルディスカッションを行いました。現在米国内で揺れている仮想通貨に関する統一見解に迫る注目スピーチです。
Howey Testとは
最高裁判所が最も初期に定めた「投資契約」該当性の審査基準。該当した場合、1993、1994年の証券法により、有価証券として見なされ、規制の対象となる。仮想通貨の有価証券議論の要因の一つ。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

米国政府関係者がニューヨークで行われたコンセンサス2018で仮想通貨やICOについてパネルディスカッションを行いました。

米国のSEC(証券取引委員会)、CFTC(商品先物取引委員会)とDOJ(司法省)所属の役人が登壇し、仮想通貨の規制や法律に関して言及しました。

SECからは2010年に発足されたサイバー部門のチーフであるRobert Cohen氏、CFTCからは執行担当のJames McDonald氏、またDepartment of Justiceからは司法次官補Sujit Raman氏が出席しました。

今回のディスカッションでの観覧客からの注目点となったのは、米国の統一規制見解とSECのJay Clayton長官が厳格な態度を姿勢を示し、波紋を呼んでいる有価証券該当の問題に関してでしょう。

アメリカ政府で重要な3部門の関係者達は、イノベーションを妨げたり、ブロックチェーン技術を踏みにじるような事はしたくないと合意しました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

SECとCFTCの見解

仮想通貨が有価証券に該当するかという問題は”Howey Test”が重要となります。

SECは1946年に執り行われたSEC v. Howey Co.,という法律事件を引用し、 実質証券として見なされる仮想通貨の違法になりえる部分を非難しています。

SEC v. Howey Co.,は1946年に行われた裁判判決ではリースバック(売却した資産の買主とリース契約を結び、資産をそのまま使用しながら賃料を支払うリース形態)も有価証券と見なされると判決され、ここからHowey Testという概念が生まれました。

実際SECがHowey Testを仮想通貨に適用し有価証券であると判断された場合、事前に登録をしなかった事により、罰則が伴います。

このように、SECは現在仮想通貨に対して懐疑的な意見を保っていると言えます。

対するCFTCはCryptodaddy(仮想通貨の父)という愛称で呼ばれるChristopher Giancarlo会長を筆頭に全体的に仮想通貨に対して肯定的です。

昨年12月にはCFTCがシカゴのCMEグループやCBOEにおいて開始されたビットコインの先物取引を監修しました。

またCryptodadことGiancarlo氏は、今月初め来年以降迎える任期を延長する予定は無いことが発表されましたが、仮想通貨のコミュニティを理解し、業界独特な言葉の言い回しを発言に混ぜることなどが理由として、仮想通貨業界から最も好まれている政府関係者と言えるでしょう。

パネルに出席したMcDonald氏は『いずれ市場に出始めるであろう技術を拒絶するのではなく、学ぶことにより消費者を保護する規制を作ろう』という方針でCFTCが仮想通貨の調査を進めていると述べました。

一見すると意見が対立しているように見える両機関ですが、同じアメリカ政府として意見をまとめるため、SECとCFTCが努力しているとCohen氏は述べました。

コンセンサスの登壇でもCFTCの長官であるBryan Quintez氏も同様に強調し、述べていました。

McDonald氏も両機関が連携して調和性を保った政策や規制を築いていく事の重要性を強調しました。

司法省のRaman氏いわく、一番の優先順位が高い事項は市民の安全であり、ある種匿名で誰にいくら送金したか見えないビットコインは米国の安全に支障をもたらす可能性を指摘しました。

Cohen氏は現在仮想通貨市場がどの新技術でも見られる詐欺問題が溢れている点を挙げ、今後も詐欺被害を最小限に止める方針を推し進めることを強調しました。

仮想通貨やICOを通した詐欺において一番大事なのは通貨を発行する側がいかに法律や規制に則ろうとしている努力を示しているかで判断できると述べました。

パネルを通じてアメリカ政府がブロックチェーン技術を駆使したイノベーションそのものには反対ではない姿勢が伝わりました。

その一例としてSECとCFTCが実際に市場参加者との対談を求めています。

SECはフィンテック・メールボックスをサイト内に設け企業との対話の場を積極的に築いているそうです。

その一方で規制の議論となる詐欺の横行を止めることの重要性も解いていることも忘れてはいけません。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用