SEC委員長:有価証券ではないICOをまだ見たことがない|厳格なICO規制の裏側

SECが仮想通貨界(特にICO)を懸念
SEC委員Robert Jackson氏によるとSECはここ数ヶ月詐欺ICOを厳しく取り締まっているようです。また、SEC委員長Jay Clayton氏は有価証券でないICOをまだ見たことがないと言っています。
仮想通貨市場がまだ「開拓」段階にあるため、対応が難しい
多くの規制当局はビットコインなどの仮想通貨をどう定義(そして規制)すれば良いかがわからないようです。

証券取引委員会(SEC)委員Robert Jackson氏、仮想通貨およびICOに対し厳しい意見

月曜日の朝に行われたCNBCとのインタビューにて証券取引委員会(SEC)委員Robert Jackson氏(以下、Jackson氏)は、ビットコインに対する個人的見解として「心配になる進展が多い」と述べました。

詳しくは述べませんでしたが、特にICO(スタートアップやオンラインプロジェクトが株や危険負担資本に頼らずとも資金を集めることができる手法)に関する心配が多いようです。

Jackson氏:「投資者は投資と詐欺を見分けることに苦戦しています。」

SECはここ数ヶ月詐欺ICOを厳しく取り締まっています。

存在しないビジネスのために資金を集めているICOを対象としており、法律を犯していると疑われるプロジェクトの裏に潜む会社や個人に対して拘引状を発行しています。

Jackson氏:「現在我々はICOを厳しく取り締まっています。(SEC)委員長Jay Clayton氏(以下 Clayton氏)は有価証券でないICOをまだ見たことがないと言っており、これについては私も賛成です。」

仮想通貨市場はまだ「開拓」段階にあり、規定者はどのように進行させるかをまだ決められていません。以前、Clayton氏はICOのコインがSECが取り締まっている他の有価証券同様、セカンダリーマーケットで取引されるため、ICOの大多数がSECに登録するべきであると述べました。

Blockchain CapitalのBart Stephens氏によると、トークン発行の規制にはまだ不確実性があるようです。

「SECは、彼らが嫌うものについては多くのことを伝えてくれますが、許されることについてははっきり伝えてくれていません。それにより、現在わずかな不確実性があります。彼らが思慮深く慎重に決断することを願っています。」

不確実性の大部分は多くの規制当局がビットコインなどの仮想通貨をどう定義(そして規制)すれば良いかが判断できないことから来ています。

仮想通貨資産が商品、通貨、または有価証券のどれに当てはまるかという討論がされていますが、意見が合うことはなかなかありません。

Jackson氏:「現在我々はこの市場にかかわって痛手を受けている投資者を守ることに力を入れています。そしていずれは、それらの投資が我々の証券取引法と整合的に共同する方法を考える必要があると思います。」

SEC Commissioner on Bitcoin: ‘That Space Is Full of Troubling Developments’

April 30, 2018 by Polina Marinova

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加