「Rakuten NFT」、楽天が2022年にローンチへ

NFT参入を正式発表

楽天は30日、スポーツやエンターテインメントなど様々な分野の売買が可能なNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Rakuten NFT」を2022年春にリリース予定であると発表した。

「Rakuten NFT」は、個人間でNFTの売買ができるマーケットプレイスの機能とIPホルダーがワンストップでNFTの発行や販売サイトの構築が可能な独自のプラットフォームとしての性質を併せ持つという。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

他のサービスとの連携も

同プロダクトでは、ユーザーはIPホルダーが発行したNFTを売買でき、決済における楽天IDの使用や、楽天ポイントを貯めたり、使ったりすることも可能な仕組みだという。

さらに、楽天が提供する他のサービスにおいて、ユーザーが商品を購入するなどの条件を満たすとNFTを景品として獲得できるなど、様々なサービスと連動したプラットフォームとして機能するようになるとのことだ。

同社は、「Rakuten NFT」をローンチする背景について次のようにコメントを残している。

楽天は、2016年8月にブロックチェーン技術に特化した研究開発組織「楽天ブロックチェーン・ラボ」を開設し、2019年8月からは楽天ウォレット株式会社において、暗号資産における現物取引サービスを国内で提供してきました。

これまでのサービス開発・提供によって培った技術を最大限に利用してNFT事業に参入することで、暗号資産の投資家や、テクノロジーに強い関心があるコミュニティを中心に流通しているNFTの現状の市場環境に変化を与え、幅広いユーザーがNFTを保有することに価値を感じられるよう、「NFT市場の民主化」を目指します。

同社の傘下であり、携帯事業やデジタルコンテンツ関連のサービスを展開するコミュニケーションズ&エナジーカンパニーは先日、NFTマーケットプレイスの立ち上げに際し、関連人材の求人募集をしていることがわかった。

関連:楽天、NFTマーケットプレイスを計画

ビジネス特化型SNS「Linkedin」の求人募集を確認すると、同事業部は、「ブロックチェーン技術を活用した革新的な技術をコンテンツビジネスに適用し、魅力的で使いやすいNFT市場の構築と一般化を推進」するとしており、業務内容は「開発、法務、渉外との連携の補佐。業務プロセス構築の補佐、営業および営業管理の補佐」と記載されていた。

歓迎要件の項目の一部に、プロスポーツ・アニメ・マンガ・アイドル・ゲーム・音楽などのコンテンツに対する関心・知識とあることから、「Rakuten NFT」ではこれらの分野のNFTを取り扱うことを視野に入れているとみられている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します