CoinPostで今最も読まれています

元日銀 岩下氏が語るビットコインの問題点:非中央集権は幻想に過ぎない

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

元日銀 岩下直行氏が仮想通貨とブロックチェーンについて講演
同氏は講演でビットコインの問題点を多く語り、「非中央集権は幻想に過ぎない」など発言しました。また、取引所の体制についても厳しく批判し「取引所は銀行並みのセキュリティを導入しなければならない」と述べました。
岩下直行氏とは
金融庁で現在行われている仮想通貨交換業等に関する研究会のメンバーであり、また初代日銀Fintechセンター長を務めた経験からも、日本のFintech界隈では抜群の知名度を誇ります。現在は京都大学公共政策大学院教授を務めてらっしゃいます。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

元日銀 岩下直行氏が仮想通貨とブロックチェーンについて講演

CoinPost撮影

5月12日、千葉商科大学経済研究所の丸の内サテライトキャンパスにて開催された「岩下直行氏(京都大学)講演 テーマ:仮想通貨とブロックチェーン」にCoinPost編集部も参加いたしました。

金融庁で現在行われている仮想通貨交換業等に関する研究会のメンバーであり、初代日銀Fintechセンター長を務め、日本のFintech界隈では抜群の知名度を誇る岩下氏の講演は、テック、金融、レギュレーターの観点の様々な角度から仮想通貨を捉えて、非常に興味深いお話が多かったです。

今回のイベント内容をご紹介いたします。

世界のビットコインノード数について

フィアット建てのビットコイン取引高では世界の6割で円が占めており、日本人がフィアット建てでトップシェアを誇っているにもかかわらず、ビットコインのノード数で見た時に国別で日本は11位。それは何故かという点について、岩下教授は

ほとんどの日本人は自らノードを構成し、形づくる中には参加していないのです。

日本人のビットコインユーザー、参加者というのはほとんどが2016年ぐらいから増えたレイトカマーであり、既存ノードの下にぶらさがっている間接参加者の状態にあります。

それは、bitFlyerやZaifといった仮想通貨取引所が開設しているクライアントサーバーに繋がっていて、そこからその取引所ごとのノードがビットコインのネットワークに繋がっているという二段階の構造になっている為です。

その為、ビットコイン・ネットワークから間接的な参加者は見えない、あたかもいないようになっています。」

と、ビットコイン保有者があたかもノードになっていると勘違いされやすい現状について、解説されていました。

マイニングによる環境問題

出典:shutterstock

岩下教授はマイニングによる環境問題についても問題提起しました。

マイニングの為だけにスイス1カ国分の電力が使われており、今やその消費量は世界全体の2%に匹敵する電力にもなっているとのことです。

まだまだビットコインのマイニングが儲かるという事もあり、この消費量は止まるどころか今後も増えていくだろうと説明した上で、岩下教授は以下のように述べ、マイニングによる更なる地球温暖化の加速を示唆しました。

「今のままいくとマイニングは地球温暖化を進行させ、地球のサステナビリティを失わせるでしょうし、実際にこれは既に現実の問題として起こっている事です。

消費電力については、いろんな計算方法があり、先ほど述べたようにスイスぐらいという人もいれば、アイルランド、オーストリアなど様々な意見もありますが、とんでもない消費量である事は違いありません。」

取引所のセキュリティについて

CoinPost撮影

また、岩下教授は取引所のセキュリティについても厳しい意見を投げかけました。

「元来ビットコインはナカモトサトシが築いた非中央集権的な第三者がいないトラストレスな世界でした。

しかし、取引所はトラストレスな世界の中に従来型のトラストな世界、中央集権的な世界作ってしまっている、すなわち取引所が第三者機関(=取引所)になってしまって、銀行預金のような形でやっているのです。

銀行やネット銀行は非常に強固なセキュリティを組んでいて、不正アクセスによる流出事件は起きなていない一方で、そのようなトラストな世界を作っているにも関わらず取引所側は、AWSのようなクラウドベースのセキュリティシステムで構築しています。

AWSのセキュリティ自体が低いというわけではなく、リモートでアクセスできてしまうような環境下で管理されていた事が問題なのです。

そう考えると、第三者機関として顧客の資産を預かっている取引所に対して、銀行並みのセキュリティを導入しなければならないのではないでしょうか。

先日の金融庁の研究会で、私が同じような指摘をしたところ、仮想通貨交換業者で構成される自主規制団体会長の奥山さんが「いやうちはベンチャーなので…」とおっしゃっていましたが、ベンチャーかどうかに関わらず、数千億円の顧客資金を預かっているわけなのだから、預かっている額に見合った、匹敵したセキュリティにしなければならないのではないかと思います。

逆に言えば、ベンチャーが何千億円も預かるようなビジネスをする事はダメなのではないでしょうか。

無理であるのであれば、信託銀行に預けて、仲介業だけ行うなどの措置をとった方がいいのではないかとも思います」

非中央集権の幻想

現状では上記のような状況ですが、一般的利用者でも簡単に管理できるコールドウォレットの普及課題、秘密鍵管理の難しさなどを理由に、岩下教授は

非中央集権は幻想にすぎず、ビットコインを構築するための技術的選択に過ぎません。非中央集権であることに価値がある訳ではありません」

といった非中央集権イデオロギーに対する厳しい発言がなされていた他、ブロックチェーンについても「秘密鍵の管理という責任に耐えられる利用者だけが使いこなすべき技術と考えるべき」と述べていました。

まとめ

岩下教授が日本銀行を退行される際には、「日銀はFintech分野においてトップクラスの人材を失ってしまった」といった辛辣な内容が新聞等で報道されていた程、Fintechの業界では有名な方でありますが、気さくな話し方に印象がガラっと変わりました。

また、この場を借りて、掲載許可を下さった岩下教授、千葉商科大学経済研究所の皆様にお礼申し上げます。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧