米プレイボーイ誌、NFTのコンテストを開催 ジェンダーとセクシュアリティがテーマ

NFTのコンテストを開催

主に男性向けの雑誌として世界中で知られる米『Playboy(プレイボーイ)』は日本時間2日、ジェンダー(社会・文化的な性別)やセクシュアリティ(生物学的な性別)をテーマにしたNFT(非代替性トークン)のアート作品を募集すると発表した。

全てのアーティストが応募することが可能で、写真や動画、また2Dや3Dなど、指定のフォーマットを守れば全てのデジタル作品を受け付ける。50作品が選ばれ、PlayboyがNFTとして発行。その後は、今回協業する「Sevens Foundation」とPlayboyがSNS等でプロモーションを行う。購入されたNFTについて、PlayboyとSevens Foundationは利益から手数料を徴収しないという。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームのアイテム交換などに用いられるだけでなく、アート作品の所有権証明にも活用され、二次流通市場でもクリエイターに利益を還元できる。

▶️仮想通貨用語集

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

Playboyは米国で1953年に創刊された雑誌で、成人向け娯楽雑誌として世界的な知名度を誇る。NFTについては今年4月、NFTマーケットプレイスの「Nifty Gateway」と提携したことを発表。これまでの膨大な写真やアートのアーカイブを活用したNFTアート作品を、アーティストとコラボして生み出していくとした。

その際、「ブロックチェーンがもたらす全てのイノベーションやアクセスに期待している」と述べ、今後もコレクターの立場として、アーティストを支援していくと表明している。

関連米プレイボーイ誌、Nifty Gatewayと提携でNFTアート参入へ

今回の作品は9月1日から10月1日まで募集しており、審査期間は11月1日まで。その後、11月の「NFT NYC」というイベントから展示を開始するという。応募は「1アーティストに1作品まで」や「新作であること」などを条件にした。

今回の募集は、4回ある内の1回目だとしており、その後も同様の募集が行われると見られる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します