CoinPostで今最も読まれています

アルゴランドエコシステムが活性化 8月マンスリーレポート|Algorand公式寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Algorand寄稿

アルゴランドのエコシステムに初めてのDeFiであるYieldlyが21年6月に登場して以来、続々と新たなDeFiが登場しつつあります。

また国家インフラへのアルゴランド導入、様々なNFTマーケットプレイスの登場や不動産のトークン化、ファンドの設立、アクセラレータ・プログラムの開始など、世界中で動きが活発化してきています。そんな中から日本にも関連の有りそうなニュースをピックアップしてご紹介します。

DEX(分散型取引所)、流動性プール等、DeFi関連アップデート

アルゴランド・エコシステムにDeFiが続々と誕生しています。6月に最初に登場したYieldlyは「損失なし宝くじ」や「ステーキング」などですでにTVL9,000万ドルを達成、テストネット上では板取引モデルの分散型取引所Algodexなど複数のDexが稼働を開始しており、また他のチェーンの資産をアルゴランド上にラップ化してブリッジするAlgomintや分散型融資市場AlgoFiもローンチ間近です。

さらに不動産を50ドルから購入し毎日家賃収入が得られる不動産トークン化プラットフォームLofty AIでは、各プロパティ売り出し後数分で完売状態が続いています。

アルゴランドの高速かつほぼ無料のプラットフォーム上でこれらのDeFiが展開されることで、高いガス代やネットワークの混雑に悩まされることなく、誰もがDeFiを活用できるようになります。

詳細:Yieldlyが更新した2021/22年のロードマップは、アルゴランドでのクロスチェーン流動性の新時代を示唆

詳細:Algodex(アルゴデックス)、アルゴランドとのパートナーシップ発表

詳細:Y Combinatorに支援されたLofty AI、アルゴランド上でAI認証された不動産のトークン化流動性マーケットプレイスを立ち上げ

エルサルバドル政府が国家インフラにアルゴランドを選択

6月初めにエルサルバドル議会がビットコインを法定通貨化する法案を可決して以来、世界から大きな注目を集める同国ですが、今回、国家インフラ構築にブロックチェーンを導入するため、そのプラットフォームとしてアルゴランドを選択し、開発パートナーとしてラテン・アメリカですでに数多くの実績のあるKoibanxと協力協定を締結しました。

アルゴランドでは国家レベルのプロジェクトとしてすでにマーシャル諸島の国家通貨SOVや、コロンビアのワクチン・パスポート「VitalPass」発行など多くのプロジェクトが展開されており、技術力もさることながら、国家レベルでの事業開発力も評価されている証明になります。

詳細:エルサルバドル、政府のブロックチェーン・インフラをアルゴランドで開発するため、Koibanxと協力協定を締結

詳細:COVID-19ワクチン接種を追跡する初のブロックチェーン・ベースのシステム「VitalPass」がコロンビアで提供開始、ラテン・アメリカの国々に拡大予定

教育コンテンツやレポートなどのコンテンツも

アルゴランドでは公式サイトなどでブロックチェーンの基本やNFT、ステーブルコインなど解説記事も定期的に配信していますが、今回、日本のオンライン学習サービス「POL」との提携により、アルゴランドの基本について学べるカリキュラムの配信が開始されました。

またグローバルでは、アルゴランド及びアルゴランド財団の委託によりThe Block Researchが作成したレイヤー1プラットフォームの比較レポートも公開されました。Algorand、Avalanche、Binance Smart Chain、Cosmos、Ethereum/Ethereum 2.0、Polkadot、Solanaの7つのプラットフォームを比較しています。

一つのプラットフォームが生き残るのではなく、複数が競争しながら共存してくことが想定されている中、比較のフレームワークが示されたことで業界の未来も見えやすくなります。今後も教育コンテンツの作成・配信には注力していきます。

詳細:オンライン学習サービス「PoL(ポル)」にアルゴランドについて学べるカリキュラムが登場

詳細:レイヤー1プラットフォーム:比較のためのフレームワーク

その他、日本コミュニティーでは特製日の丸Tシャツの作成、JPYCによる日本円ハッカソンへの協賛など、日本公式テレグラムを中心に活発に活動しています。

また財団助成金も毎月世界中の複数のプロジェクトに提供されており、エコシステムの拡大もスピードアップ中。9月は第4四半期から開始されるガバナンス分散化に向けた様々なコンテンツを配信予定です。

最新情報は日本語サイトをご参照ください。同サイトからニュースレター「週刊アルゴランド・ジャパン」も購読可能です。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア