丸紅とみずほ銀行、ブロックチェーン活用のサプライチェーンファイナンスを実施

BC技術利用のサプライチェーンファイナンス

丸紅株式会社と株式会社みずほ銀行は16日、丸紅の仕入れ先(サプライヤー)に対するサプライチェーンファイナンスを実行したと発表した。

丸紅の業務提携先であるシンガポールのBlockchain Solutions Pte. Ltd.(以下、BSG )と構築したブロックチェーン技術を用いた金融プラットフォームを利用して行われたという。

サプライチェーンファイナンスとは

サプライチェーンファイナンスは、銀行が企業の売掛債権を購入することで売り手企業が早期に現金を回収することをサポートする仕組みのこと。

▶️仮想通貨用語集

早期現金化を実現

今回のサプライチェーンファイナンスは、丸紅の取引先である電気自動車用機器メーカーに対し、初めての取引を8日に完了したという。

同プラットフォームでは、データの改ざんを防ぎつつ、オンライン上のデータを基にサプライチェーンファイナンスの利用申請・承認を実行できる。従来の金融機関との取引における貿易書類の受け渡し方法と比べ、サプライヤーからの早期現金化したいというニーズに応えることが可能になると説明。今後も、本プラットフォームによるサプライチェーンファイナンス取引を拡大していく予定であるとした。

丸紅のブロックチェーン関連の取り組み

丸紅は、ブロックチェーン技術の活用を次世代事業開発のテーマの一つとして位置付けており、他にもブロックチェーン関連の取り組みを行っている。

2020年3月には、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社の鋼管トレードにおいて、ブロックチェーン技術を活用したトレーサビリティの実証実験を実施。伊藤忠丸紅鉄鋼にて調達した鋼管を対象に、鋼管に関わる各種データをブロックチェーンに連携することで、トレーサビリティに関連する情報の信用性を高めることを目指すとしていた。

なお、この実証実験において使用されたシステムの構築も、前述のBlockchain Solutions Pte. Ltdが担当した。

また、同社は2021年2月、オランダ企業Circularise B.V.(サーキュライズ)との間で、サーキュライズ社が開発するトレーサビリティ管理プラットフォームを日本およびアジアの化学品市場向けに展開していくために業務提携契約を締結。

同プラットフォームは、ブロックチェーン技術とゼロ知識証明をベースにサーキュライズ社が独自開発した「Smart Questioning」技術により、製品の仕様、加工条件、リサイクル履歴等のトレーサビリティ関連情報や、資源効率を示すデータなどを、機密性を保ちつつ選択的に開示することでサプライチェーンの透明化に貢献すると説明されている。

みずほの取り組み

みずほ銀行の親会社であるみずほフィナンシャルグループも、以前からブロックチェーン関連事業に取り組んでいることで知られる。

同社は2020年2月、ブロックチェーン技術を活用した「個人向けデジタル社債」の発行およびシステム基盤構築に向け、実証実験を開始。

個人向けデジタル社債プラットフォームでは、ブロックチェーン上で社債原簿を管理することで、社債発行体が直接投資家の情報を獲得し、投資家の需要を効率的に把握することができる。

関連:みずほFG、ブロックチェーン活用した「個人向けデジタル社債」発行を実証実験

また、同社は2021年1月、日立製作所と共同でブロックチェーンを技術を利用したプラットフォームで物流データを共有する実証実験開始。この実証実験では、主に関東の物流企業の営業所や運送企業が参加し、「発注、納品、支払いに関わるやりとり」においてシステムを活用。業務の具体化や検証、運送会社へのアンケートやインタビューも実施されるとしていた。

関連:日立とみずほ、共同でブロックチェーン活用の実証実験開始へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します