クリスティーズ、初期のNFTコレクションをオークションへ

最古のNFTをオークションへ

老舗オークションハウスのクリスティーズ(Christie’s)は、Curioカードを含む初期に発行されたNFTのオークションを10月1日に開催する予定だ。

クリスティーズはこれまでにも、BeepleのNFTやCryptoPunks、Bored Ape Yacht ClubなどのNFTオークションを実施し、話題性の面でも成功を収めてきた。

CurioカードはCryptoPunksやCryptoKittiesよりも前の、2017年5月9日にローンチされたNFTコレクションで、NFT界の元祖と言える。

出典:Curio

関連:NFTとは

CryptoPunksとは

NFTコレクションのプロジェクトの先駆けで、2017年にキャラクター1万体の無料配布が行われたことを始まりとする。キャラクターは宇宙人など様々な個性をもち希少性が異なる。

▶️仮想通貨用語集

Curioカードのコレクションは7人のアーティストが作品を提供し、それぞれのカードに異なる発行数が設定されている。現在最も数が少なく希少なのは『#26』だという。

オークションでは、カードの全種類である30枚(#1 Apples~#30 Eclipse)に加え、誤って発行された『#17b』もついてくるコンプリートセットとなっている。

想定されている落札価格は250~350ETH(87~130万ドル)とされており、入札はETHで行われる。これまでの米ドル建てオークションと異なり、クリスティーズのライブオークションが暗号資産建てで行われるのはこれが初だ。

Curioカードに加え、オークションではArt Blocks Curatedもセットでオークションにかけられる。Art BlocksはNFT発行プラットフォームで、アルゴリズムによるさまざまなアートが生み出されている。

関連:「Art Blocks」のNFT、6億円超の販売額を記録 渋谷でも展示

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します