荒れ模様のビットコイン、来週控える要人の声明にも注目を 仮想通貨・週次市況(bitbank寄稿)

今週(18日〜24日)の仮想通貨相場

下落基調にあったビットコイン市場は今週、FOMCの無風通過と世界同時株安を引き起こした中国恒大グループの懸念後退を受け、43,000ドル程度にまで反発した。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧

24日の終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。

週間騰落率(CoinPost作成)

月初来騰落率

月間騰落率(CoinPost作成)

年初来騰落率

年間騰落率(CoinPost作成)

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)

(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照、各銘柄の価格はTradingviewを参照)

18日〜24日のBTCチャート

Tradingview

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

18日〜24日レポート:

今週のビットコイン(BTC)は、週明け20日から21日にかけての急落から戻りを試す展開。24日正午時点では、490万円台序盤での推移となっている。

中国恒大のデフォルト懸念から、今週のBTC相場は週明けより下値を模索する展開を繰り広げ、20日の欧州〜米市場で500万円と480万円を割り込むと、翌21日、3連休明けの日経平均株価の急落を切っ掛けに、一時440万円まで安値を広げた。

その後は自律反発の様相で480万円付近まで値を戻すも、米株の下落や、ゲンスラー米証券取引委員会(SEC)委員長の「カジノチップ発言」で再び上値を重くし、瞬間的に440万円をも割り込んだ。

一方、週央からの相場は一変して戻りを試す展開。22日には、中国恒大が国内債券保有者と利払いについて協議を行ったとの報道を切っ掛けに、週明け急速に萎縮した市場のリスク選好度が改善しBTCは反発。政策の方針転換が警戒された米連邦公開市場委員会(FOMC)も無事に通過し底堅く推移すると、23日にはリスクオンのドル安が相場の支えとなり480万円を回復。この日は米株の上昇とTwitterのBTCライトニング送金統合(iOS限定)も好感され、500万円に肉薄した。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】出所:bitbank.ccより作成

先週指摘の通り、週明けは中国恒大のデフォルト懸念から波乱の展開を繰り広げたBTCだったが、人民元建て債の利払い実施方針が報道されたことや、金融当局からドル建て債についてもデフォルトを回避するよう指示があったと報じられ、危機回避の動きが一気に巻き戻った印象だ。

加えて、インフレ高進懸念から金融の引き締めが急がれるかと懸念されたFOMCも、結局は政策据え置きが決まり、資産購入プログラムの段階的縮小(テーパリング)開始は11月まで持ち越しとなった格好だ。22年末時点の政策金利の予想中央値も引き上げとなったが、然程市場にとってサプライズではなかった。

チャート上では、BTCは一時、5月〜7月にかけての安値圏レンジの上限、43,000ドルを割り込んだが、22日に同水準を終値で回復しており、一旦は窮地を脱したと指摘される。

相場は、足元、下降チャネルを形成しており、目先ではチャネル上限絡みでの値動きが注目される(第2図)。FOMCを無事に通過し、中国恒大懸念も後退したことで、リスク選好度が向上した状態がある程度は維持されるかと思われるが、来週は英・米・欧の中銀総裁発言が相次いで予定されており、外為市場主導のボラティリティに注意を要する。

相場がチャネル上限のブレイクアウトに成功すれば、ダウ理論でいう下降トレンドの終焉を示唆し、テクニカル的なセンチメントの好転も見込まれる。

【第2図:BTC対円チャート(日足)】出所:bitbank.ccより作成

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:来週最大の目玉イベントはFOMC、中国情勢含め波乱の1週間となる可能性も

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します