中国大手EC運営アリババ、仮想通貨のマイニングマシンを販売禁止へ

アリババがマイニングマシン販売中止

中国のEC大手Alibaba(アリババ)は27日、10月8日から、自社プラットフォームでの暗号資産(仮想通貨)マイニングマシンの販売を停止すると発表した。中国の仮想通貨取り締まり強化を受けた動きと見られる。

関連:中国発の悪材料で揺れる仮想通貨市場、ETHやUNIなどDeFiセクターに買いが集まる背景は

アリババは、中国人民銀行や、その他の監督機関が最近「ビットコインのリスク防止に関する通達」などを行い、仮想通貨活動に対して新たに禁止令を出したことに言及。公式アナウンスで次のように述べた。

Alibaba.comは、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、BeaoCoin、QuarkCoin(QRK)、イーサリアム(ETH)などの仮想通貨の販売禁止に加えて、仮想通貨マイニングマシンの販売も禁止する。

これには以下が含まれる。

(1)ビットコインマイニングマシンなど、仮想通貨を入手するためのハードウェアおよびソフトウェア

(2)マイニングに関するチュートリアルなど、仮想通貨を入手するためのチュートリアルや戦略に関する商品、ソフトウェア

商品カテゴリーで、「ブロックチェーンマイナーアクセサリー」「ブロックチェーンマイナー」という分類は閉鎖され、他のカテゴリーでマイニングマシンを販売することも禁止されるという。

10月8日以降には、Alibaba.comのECプラットフォーム上で、この告知に対して違反があった場合は、その出品者に罰則も適用される。罰則には、店舗のブロック、プラットフォーム機能の利用制限、アカウントの凍結や閉鎖などが含まれる見込みだ。

アリババはQ&Aで、マイニングマシンの販売を主な業務としている店舗には、他のカテゴリーの商品を販売することを推奨している。

また、プラットフォームの広告枠をすでに購入してしまった関連事業者には、広告内容をマイニングに関連しないものにすることを提案、変更できない場合は返金にも応じると説明した。

6月よりマイニングファームに閉鎖措置

中国では、6月より仮想通貨マイニングファームに操業停止命令が出され、すでに国外への移転を準備、実施した企業が多くある。今後は、北米やカザフスタン、ロシアなど中国以外の国でビットコインの採掘量が増加していきそうだ。

関連北米のビットコインマイニング大手5社、7月の採掘量増加 中国規制による恩恵か

アリババの措置をみると、中国で24日に出された新たな仮想通貨禁止の通達により、マイニングマシンの販売自体も行うのが難しい状況になりつつある模様だ。

マイニングプールのサービス停止も報告されている。杭州に位置するイーサリアムの大手マイニングプールSparkpoolは26日、中国と海外の両方でサービスを終了すると発表。F2Poolも、中国向けサービスの停止をユーザーに通知している。

関連イーサリアムの採掘プール、サービス停止続く 中国の取り締まり強化で

マイニングプールとは

各マイナーのハッシュパワーを集め、協力してマイニングを行うために作られた組織的なサーバーのこと。規模が重要なマイニングビジネスで優位に立つために、複数のマイナーが協力してマイニングを行う仕組み。マイニングの貢献度に応じて報酬が支払われる。

▶️仮想通貨用語集

HuobiとBinanceも中国ユーザーの登録停止

また、大手仮想通貨取引所HuobiとBinanceも、トレーダーが中国本土の携帯電話番号を使用して新規アカウントを登録することを中止。Sounth China Morning Postによると、26日時点で香港のユーザーはまだ両プラットフォームで新規登録が可能であると伝えられる。

中国当局は2017年に、国内の取引所に対して法定通貨と仮想通貨の取引を中止するよう命じており、HuobiとBinanceも、拠点を海外に設置することを余儀なくされた経緯があった。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します