CoinPostで今最も読まれています

北米のビットコインマイニング大手5社、7月の採掘量増加 中国規制による恩恵か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

北米の上場マイニング企業が7月に好成績

北米の暗号資産(仮想通貨)マイニング大手5社のビットコイン(BTC)採掘量が、7月に60%近く増加していたことが分かった。中国政府の取り締まり強化により、競争相手である中国のマイニング事業が閉鎖に追い込まれ、採掘を停止したことが大きな要因とみられる。

北米の上場ビットコインマイニング企業5社(Marathon Digital、Riot Blockchain、Argo Blockchain、Bitfarm、Hut8)は、7月に合計1,802BTCのビットコインを採掘。実質的にハッシュレートを増加させていないにもかかわらず、7月は著しく生産性が高くなった。

ハッシュレート

マイニングの採掘速度のこと。単位は「hash/s」。「s」は「second=秒」で、「1秒間に何回計算ができるか」を表す。マイニング機器の処理能力を表す際や仮想通貨のマイニングがどれくらいのスピードで行われるかを示す指標として用いる。

▶️仮想通貨用語集

6月に中国が国内のマイニングファームに操業停止命令を出したことで、7月には、ビットコイン採掘難易度が大幅に低下。その結果、中国以外のビットコインマイニングプールやマイニング事業のシェアが大きく増加した格好だ。

次の表は、各社の月間ビットコイン採掘量と前月比の成長率を示したものである。データは各社の財務情報に基づいている。左から、企業名、7月実績、6月実績、月次成長率を表す。

出典:The Block

ナスダックに上場しているMarathon Digital(マラソン・デジタル)とRiot Blockchain(ライオット・ブロックチェーン)は、7月にほとんどマイニングマシンの追加配備を行っていないが、どちらも前月比50%以上の成長を記録した。

Marathonは7月30日時点で、最新世代のビットコインマイニングマシンを約1万9,000台保有しており、これも6月30日時点から変わっていない。また、Riot Blockchainも、最近受け取ったマシンの設置が8月に延びたことを発表していたところだ。

マイニング地勢図変化の恩恵

MarathonのFred Thiel CEOは、「世界のハッシュレートの状況に好ましい変化が起こったことで、7月は当社のマイニング事業にとって非常に生産性の高い月になった」とコメント。中国の取り締まりにより、マイニング地勢図が変化したことを示唆した。

同様に、ロンドン証券取引所に上場しているArgo Blockchain(アルゴ・ブロックチェーン)のPeter Wall CEOも、7月の成長について「世界的なハッシュレートと採掘難易度の低下を利用することができた」と述べた。Argoはカナダの施設を拠点としており、ナスダックへの上場も申請中だ。

また、カナダの上場企業ビットファームは、中国における最近の出来事により「以前の予想よりも多くのビットコインをバランスシートに蓄積することができる」ようになったと見込んでいる。

一方で、米国に上場しているビットコインマイニング事業者の中にも、中国の政策変更の影響を被った企業はある。

これまで中国国内でマイニング事業を行っていたBIT Miningや、BIT Digital、The9 Cityは、大きな影響を受けており、カザフスタン、ロシア、米国などの地域にマシンを移す計画を立てているところだ。

コメントしてBTCを貰おう
記事提供:THE BLOCK
THE BLOCKとは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
日本の伝統文化「熊手」とNFTを融合、XYZAが新プロジェクトを発足
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧