CoinPostで今最も読まれています

Zcash独占インタビュー:他匿名通貨では不可能な独自のマネロン対策とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Zcashの匿名性と「Overwinter」
Zcashにはビットコインを超える匿名性があり、売り手、買い手、取引内容全てを匿名化しています。さらにプロトコル強化目的の「Overwinter」についても話を伺いました。
匿名化によるマネーロンダリングの危険性
匿名化によるマネーロンダリングの危険性に関しては、ビューイング・キーを用いることで第三者に選択的に情報の開示ができ、一定の犯罪は防げるだろうと話してくださいました。
Geminiとは
ウィンクルボス兄弟が創業者であり、ニュヨークに拠点を置く米国仮想通貨取引所です。世界で初めてオークション形式を取り入れていたり、政府によりイーサリアムの取引が認可されたりと先駆的な取引所です。また、NASDAQと提携を結び、NASDAQのテクノロジーを使用しています。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Josh Swihart(ジョシュ・スイハート)

CoinPost撮影

Zcashのマーケティングディレクター兼Aspenwareのオーナー。

米国コロラド州立大学で経営学および、コンピューター情報システムを学んだのち、ソフトウェア関連企業やコンサルタント系の企業を歴任し、コンサルタント系企業のAspenwareのCEO、フィンテック関連企業のAventeerの共同創設者兼CEOを経て現在に至る。

Zcashの近況

先日Zcashはウィンクルボス兄弟が創業者であり、ニュヨークに拠点を置く米国仮想通貨取引所に上場しました。

Zcashは匿名性を掲げる通貨であるためにマネーロンダリングに利用されることなどが政府や規制機関から不安視されていました。

今回取り扱いを発表した米取引所Geminiは、bitFlyerも有する米国の仮想通貨関連の企業の認可「ビットライセンス」(ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)によって許可)の元運営する公認取引所です。

今回の注目点は、その様なNYDFSの管理下の状況で匿名通貨であるZcashが許可された事です。

キャメロン・ウィンクルボス氏は、『ビットコインとゼットキャッシュはそれぞれ違う役割の元競い合う2つの革命的なテクノロジーである』と述べ、ビットコインはデジタルゴールドに、ゼッドキャッシュはデジタル通貨になると発言しており、未来のデジタル通貨として使われうる仮想通貨として大変注目されています。

そんな中、CoinPostでは先日の上場発表を経てZcash側のコメントをインタビューを通していただきましたので記事にさせていただきました。

今回、快くインタビューの承諾をしてくださったJosh氏にお礼申し上げます。

仮想通貨 Zcash(ジーキャッシュ)とは?
Zcashとは「ゼロ知識証明」を利用した匿名性の高い取引通貨であり、第2のビットコインと言われてる仮想通貨。この記事ではZcashの特徴などを紹介。

インタビュー内容

ZcashがGeminiにリストアップされた理由は

Geminiのプロセスや判断基準についてコメントは出来かねます。

一年ほど前にGeminiとZcashの説明をするためにお会いしましたが、決定権は全てGeminiにありました。

リストアップしたことについてGeminiが公式ブログにコメントを発表しましたし、NY金融サービスも大規模なプロセスを経て、新技術が最も関心のあるものに準拠することを確認したとコメントを残していますのでそちらを確認してください。

Zcashが世界初ライセンス制度登録済みの取引所に上場|匿名通貨の状況に変化か
ビットライセンスを有する取引所GeminiがZcashの上場を発表。Zcashは匿名性の通貨であることから、マネロンなどの観点で規制団体からの許可が難しいと考えられていましたが、ニューヨーク州金融サービス局によるビットライセンスが付与された取引所への上場許可は大きな反響を呼んでいる。
ZcashコミュニティはGeminiにリストアップされたことについてどういった反応を示したか

とても高評価だったと思っています。

Geminiは知名度や信頼性もある取引所ですし、今後紙幣をそのままZcashと交換できることは大きな進歩だと考えています。

Zcashと他のプライバシーコイン(Monero、Dashなど)との違いは

Zcashはもともとビットコインのフォークでコインのベースが同じです。

ビットコインは分散型にされており、匿名性が非常に高いことで知られています。

ですが実際にはアドレスを追跡することはそこまで難しくないので、匿名性ではまだ足りない部分があります。

なのでZcashは、標準のブロックチェーン暗号の上に新たな暗号を組み込むことで二重に暗号化することが出来ます。

そのほかにZK-Snarksというプログラムがあります。

このプログラムはこれらの暗号が分散型ネットワーク内に存在することを可能にし、二重支払いが起こることなく同時にトランザクションを認証します。

売り手、買い手、取引内容を全て匿名性に出来ます。

これがZcashと他のコインの違いです。

プライバシーコインに関して投資家が誤解をしている点は

私たちのミッションは経済的な自由と機会を提供することによって、ユーザーを力づけることです。

それを可能にするにはオンライン決済を全て匿名化する他ありません。

完全に匿名化することで情報漏洩を防ぐことができます。

私たちは、プライバシーは基本的人権であると信じています。

完全匿名性はマネロンのリスクがあるが

確かに資金洗浄の危険性はありますし、もし行われていたとしてもZcashがそれを管理できるかわかりません。

しかし、どんな物でも悪用は出来ます。

現在誰にでも使われているメールやインターネットも悪用し、犯罪を起こすことは出来ます。

それと同じです。

他に紹介できるZcashの機能はビューイング・キーと呼ばれるもので第三者に取引を選択的に開示することができます。

例えば、特定の人物・企業だけに取引内容を見せたい場合この機能を使えば一般公開せずにシェアすることができます。

ミキシング機能を使っている他の通貨ではできないことです。

ビューイング・キーを使えばある程度は犯罪は防げると思います。

CoinPost撮影

BitmainがAsic Z9 を発表したが、ASICに対する反応は

まだ実物を見たことはありませんが、ASICマイナーのことは聞いています。

伝統的にはGPUで機能していましたので、ASICが今後どうマイニングに影響していくかはまだわかりません。

Zcashでは会社側と異なっているZcash Foundationという非営利団体があるんですが、そちらはまずAsicの機能や仕組みを完全に理解してから対応を検討するとのことで、意見は一致しているので、今はまだ正式なコメントはありません。

Zcashは「Overwinter」というプロジェクトを立ち上げたが、その後何か変化は

「Overwinter」というプロジェクトが9月にリリース予定です。

仮想通貨Zcash(ZEC):6月開始予定の初アップグレード「Overwinter」を解説
Zcash(ZEC)は、初のアップグレードとなる「Overwinter」のリリースを発表しました。ソフトウェアを最新版に更新しておくだけで参加可能で、メインチェーンのアップデートは、2018年6月25日に開始予定です。

暗号技術にとって大きな進歩です。

今まではプライバシーコインを交換するのにかなりのメモリーやリソースが掛かってしまっていたので、取引所も規模を大きくするのに限界がありました。

他にもモバイルウォレットが使えないという問題がありました。

しかし、このプロジェクトが成功すれば、プロセスが簡単になる為、この問題を改善できます。

ハッキング事件以来、日本で唯一Zcashを取り扱うコインチェック社から連絡は

いいえ、事件から何も連絡はありません。

Monexに買収されたことは知っていますが、本人達からは何も聞いていないです。

最後に一言

Zcashは最近新しい会社に投資をしています。

Starkwearという会社で新たな暗号技術を開発中です。

内容はとても興味深く、将来性があると考えていますので、期待してお待ち下さい。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧