Polkadot、本格運用開始へ パラチェーンオークションの日程を提案

Polkadotが本格運用へ

異なるブロックチェーンの相互運用を目指すプロジェクト「Polkadot(ポルカドット)」は13日、本格運用の準備が完了したことを発表した。

ネットワークに接続するパラチェーンを選ぶオークションを開始するため、具体的な日程を提案。ガバナンス投票で日程が決定すれば、順番に接続するブロックチェーンを選んでいき、相互運用を開始する。

パラチェーンとは

ポルカドットに接続する、独立した個々のブロックチェーンのこと。一方、各パラチェーンが接続され、ネットワークで中心的な役割を果たす部分は「リレーチェーン」と呼ばれる。

▶️仮想通貨用語集

関連初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

ポルカドットは2020年5月にメインネットをローンチ。その時点では異なるブロックチェーンを接続して相互運用する機能は実装されておらず、ネットワークの暗号資産(仮想通貨)である「DOT」の転送もできない状態だった。

メインネットのローンチ後も開発を継続しており、今年5月にはポルカドットの創設者ギャビン・ウッド氏が、ポルカドットのパラチェーンオークションを開始する条件として以下の2つを挙げていた。

  • 実験的ネットワークの「Kusama(クサマ)」でパラチェーンを実稼働させること。
  • 外部機関によるコードの監査を全て終えること。

関連Polkadot、ギャビン・ウッド氏が今後の計画を発表

クサマでのパラチェーンオークションは6月に開始しており、重大な問題は起きずに現在もネットワークが稼働。本日公開されたロードマップによると、9月にパラチェーンに関するコードの監査が終了した。パラチェーンのローンチは、ホワイトペーパー(事業計画書)に書かれていたコア機能の最後の実装となる。

関連Polkadotの実験ネットワーク「Kusama」、パラチェーンオークションを開始

オークションの日程

異なるブロックチェーンの相互運用を行う準備が整ったことで、ポルカドットのプロジェクトはオークションの日程を提案。この日程はあくまで目安で、少しずれる可能性はあるとしている。

1回目のオークションは21年11月11日に開始され、入札は11月18日まで。入札期間内に不規則に決定されるオークションの終了時点で、DOTの保有量が1番多いプロジェクトがパラチェーンに選出される仕組みだ。

終了のタイミングを事前に設定しないのは、入札終了間際を狙った落札(スナイピング)を防ぐことが目的。この点から、各プロジェクトは最初からできるだけ多くのDOTを用意する必要がある。

5回のオークションを1つにグループにした「Batch1」の予定は以下。その後のBatch2のスケジュールも提案されている。パラチェーンの枠を意味する「Slot(スロット)」をBatch1で勝ち取ったブロックチェーンは、21年12月17日ごろに一斉にリレーチェーンに接続する計画だ。

  • オークション1:11月11日開始、入札終了は11月18日。
  • オークション2:11月18日開始、入札終了は11月25日。
  • オークション3:11月25日開始、入札終了は12月2日。
  • オークション4:12月2日開始、入札終了は12月9日。
  • オークション5:12月9日開始、入札終了は12月16日。

クサマではオークション終了時点で順次パラチェーンとして接続しているが、ポルカドットではBatchごとに接続していくとした。まだバグなどの問題が潜んでいる可能性もあるため、コードが高いレベルで整備されるまでは、ポルカドットに接続されるパラチェーンの数が、クサマのパラチェーンの数の75%を超えないようにもするという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します