米初のビットコイン先物ETFが取引開始、初日の出来高1000億円突破

米初のビットコイン先物ETF

ProShares社の仮想通貨ビットコイン先物ETFは米19日(火)、ニューヨーク証券取引所のArcaに上場、取引開始した。

『BITO』というこのETFの出来高は初日で1,100億円(9.99億ドル)を記録し、歴代ETFのデビュー時の出来高において2位に入るものだ(1位はブラックロックのLCTU)。価格の推移は以下のようになる。

出典:Tradingview

関連米国初の「ビットコイン先物ETF」上場で今後の影響は|先物のプロが解説

また、複数のメディア報道によると、初日の取引は主に個人投資家によるもので、大口のブロックトレードは少なかったという。

ビットコイン(BTC)はBITOの上場を受け、一時64,000ドルを超えていた。また、円建てでは再び最高値を更新し、733万円に到達した。

ProSharesETF、その他

この「ビットコインストラテジーETF(BITO)」は15日にSEC(証券取引委員会)によって承認された経緯がある。米国では初めて実現したビットコインの上場投資信託だ。

関連米SECがビットコイン先物ETFを承認、同国初

Arcaは米最大手のニューヨーク証券取引所に関連するETP(上場取引型金融商品)専門の電子取引所(シカゴ拠点)で、さまざまなETFやETN(指標連動証券)、オプションを取り扱っている。

BITOはビットコイン(BTC)の現物ではなく、大手デリバティブ取引所CMEが提供するビットコイン先物契約を保有する仕組みとなる。18日のデータによると、BITOは19,728,000ドルに相当するビットコイン先物、及び258,930ドルに相当するマイクロビットコイン先物の契約を持っている。

また、BITOに類似するValkyrieのビットコイン先物ETFもSECから許可を得ており、今週中にナスダックに上場する予定だ。

一方、同じく今週中にデビューする見込みのあるInvesco社のビットコイン先物ETFは19日に、ローンチを行わない方針が報じられた。

ビットコインETFの実現は、潤沢な資金力を持つ機関投資家の呼び水になると見られる。中・長期的な資金流入が期待できるほか、ビットコイン市場に流動性向上などの良き影響が期待されている。

関連上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説

SEC委員長のコメント

SECのゲンスラー委員長はBITOデビューの日に、CNBCの番組に出演し、先物ETFの承認についてコメントを述べた。

SECが行いたいのは投資家保護の範囲に、新商品を導入することだ。

ビットコイン先物は4年前からCFTCによって規制されているもので、そのETFはSECの「1940年投資企業法」に準じている。

ビットコインの現物市場は現在、連邦レベルでは規制されていないが、ビットコイン先物のほうは規制されているため、ゲンスラー委員長は後者は投資家保護の体制が整っていると見ている格好だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します