Valkyrieのビットコイン先物ETFが取引開始、米二例目

米二例目

Valkyrie社の仮想通貨ビットコイン先物ETFは米22日(金)、ナスダックに上場、取引開始した。

Bitcoin Strategy ETFというこのETFはティッカーシンボル「BTF」で取引される。出来高は先日初めて上場したProShares社の「BITO」ほどではないが、初日 3,190,980シェア(約10億円)取引されていた。(BITO:初日1,000億円超え)

出典:グーグルファイナンス

関連米初のビットコイン先物ETFが取引開始、初日の出来高1000億円突破

BTFはBITOと同様、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)が提供するビットコイン(BTC)先物契約を購入し運用する仕組みをとっている。

今週、2つのETFが上場しており、来週にはVanEck社のビットコイン先物ETFも上場する見込みだ。「XBTF」というティッカーシンボルで、ニューヨーク証券取引所のArcaで取引されることになる。

関連米国初の「ビットコイン先物ETF」上場で今後の影響は|先物のプロが解説

関連上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説

CMEが最大のビットコイン先物取引所に

ビットコイン先物ETFへの需要が高いため、CMEは大手仮想通貨取引所バイナンスのビットコイン先物の建玉(OI)を超えて、最大のビットコイン先物取引所になった。

Skewの最新データによると、CMEのOIが6,450億円で、バイナンスは6,430億円という。

CMEのOI急増は上述した、ProShares及び新たに上場したValkyrieのビットコイン先物ETFへの需要が背景にあるようだ。

現在、ProSharesのBITOは「ポジション・リミット」に迫りつつある。ポジション・リミット(取引制限)とは、投資家がCMEで持てる各限月の約定枚数のこと。CMEのビットコイン先物のポジション・リミットは2,000契約(期近先物)で、BITOが持つ10月29日SQの契約は木曜日の時点で1,679契約に達している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します