米Valkyrie、レバレッジ型ビットコイン先物ETFを申請

レバレッジは1.25x

米資産管理企業のValkyrie社は26日、レバレッジ型ビットコイン先物ETFの申請をSECに提出したことがわかった。

関連Valkyrieのビットコイン先物ETFが取引開始、米二例目

Valkyrieのビットコイン先物ETF、「BTF」が先週ナスダックに上場した。今回新たに申請しているのは、Valkyrie XBTO Levered BTC Futures ETF(BTFX)という名称のレバレッジ型ETF。暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)原指標の1.25xのレバレッジを提供することになる。

また、このETFはビットコイン先物だけでなく、オプション、スワップ、フォワード(先渡取引)の契約を保有することもできるという。

現在、SECは3つのビットコイン先物ETFを承認している。ProSharesとValkyrieのETFはすでに取引されているが、米時間26日にローンチ予定だったVanEckのビットコイン先物ETFは27日か28日にずれ込む見込みだ。

関連米国初の「ビットコイン先物ETF」上場で今後の影響は|先物のプロが解説

インバース型ETFも

Valkyrieがレバレッジ型ETFを申請した数時間後、ETF運用会社Direxionはインバース型のビットコイン先物ETFの申請を提出した。

このETFはショートポジションを取るもので、-1xのレバレッジを提供する。ニューヨーク証券取引所のArca取引所への上場を計画している。

関連上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します