ビットコイン続落で仮想通貨全面安、逆行高のSHIBトークン時価総額TOP10入り

仮想通貨市場の動向

28日の暗号資産(仮想通貨)市場。

ビットコイン価格は、前日比-3.1%の670万円(58,800ドル)まで続落。700万円台を割り込んだ。

BTC/USD日足

現在のBTC価格は、過去最高値の66,700ドルからおよそ-13%安の58,800ドル。6万ドルの節目を割り込む際、デリバティブ市場でロングポジションの強制清算(ロスカット)の連鎖も確認された。

前回の調整局面を終えた今年10月以降の上昇幅で見た場合、フィボナッチ・リトレースメントの61.8%戻しは56,530ドル、半値戻しは53,000ドル前半。ちょうど水平線も重なり意識されやすい水準と言えそうだ。

2021年以降の強気相場では、プルバック時に-20〜30%で底打ちすることが多かったが、このままバブルが弾けて下落トレンド転換した場合はこの限りではない。

海外アナリストのJustin Bennett(@JustinBennettFX)氏は、9月の調整局面の再来に映ると指摘。同様の推移を辿った場合の下値余地を55,000〜57,000ドルに見立て、同水準で底入れする可能性があるとの見方を示した。

なお、ビットコインの法定通貨化法案を世界で初めて施行したエルサルバドルのブケレ大統領は、2400万ドル(27億円)に相当する420BTCを買い増したことを発表した。高値圏での大量買い増しは相応のリスクも指摘され、強気の選択肢といえる。

関連:エルサルバドル政府、ビットコイン再び買い増し

個別銘柄の動向

ビットコインが調整色を強めると、過熱気味だったアルトコインはほぼ全面安に。

そのような状況下でも例外はある、ミーム銘柄の一つとして投資家の注目を集める「柴犬コイン(SHIB)」の高騰が続いている。前月比+900%近く、前日比+70%急増して過去最高値を更新した。

Bloombergなど米大手メディアでも取り上げられたほか、ドージコイン上昇の一因となった米投資アプリ「ロビンフッド」の取り扱い思惑、最近ローンチされたShiboshis NFTなどの影響が背景にあるものと見られる。

Coinmarketcap(CMC)時価総額ランキングでは、ドージコイン(DOGE)を上回り、トップ10に食い込んだ。投機熱の高まりからトランザクション数も急増している。

「ドル建て価格の低い仮想通貨は、小口投資家には魅力的」だと指摘する専門家もいる一方、過熱感の高さから反動安を警戒する声も少なくない。

今年6月には米最大手取引所コインベースが「柴犬コイン(SHIB)」のCoinbase Pro上場を発表。価格上昇要因となっていた。

国内上場銘柄関連では、QASHを開発するQUOINEグループのQUOINE株式会社が、26日付けで金融商品取引法に基づく「第一種金融商品取引業者」として登録されたことを発表した。21年6月にLiquidチェーン及びスマートコントラクトの監査終了を報告しており、今回のライセンス取得を受け、予告していた「QASH」の大型アップデート及びメインネット・ローンチに向けた進展などが見込まれる。

関連:QUOINE株式会社、「第一種金融商品取引業」登録完了

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します