【リップル社3Q報告】仮想通貨XRP、DeFi活用例など

リップル社の3Q報告

米リップル社は29日、2021年3Qについて、四半期毎に配信しているレポートを発表。暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)の売却状況や活用事例、SECとの訴訟の進展などをまとめた。

関連米SECが提訴したリップル社裁判の進展と今後のスケジュールまとめ

3Qの総括

リップル社は3Qの仮想通貨市場について、NFT(非代替性トークン)市場が引き続き活発であることに言及。イーサリアム(ETH)がこれに恩恵を受けている形だが、ガス代(手数料)の高さにより、他のブロックチェーンもシェアを拡大していると指摘した。

関連初心者でもわかるAvalanche(アバランチ)とは|注目すべき点や将来性を解説

第3四半期は、Avalanche、Solana、Terraなどイーサリアムの競争相手となるチェーンや、Polygonなどのレイヤー2ソリューションも台頭し、それらのトークンが史上最高値を更新したことも特徴的だったとしている。

関連Polygonとは何か?成長戦略を動画で解説【CONNECTV】

取り締まりの状況

リップル社は、中国の取り締まり強化による、ビットコイン(BTC)ハッシュレートの下落は7月初旬に底を打ち、カザフスタンや米国などでマイニングファームが操業を再開したため、3Qを通して回復し始めたと説明。

また、ステーブルコインについても言及。ステーブルコインが、準備金に関する透明性の欠如や、時価総額の急増などを背景にして、米国をはじめ各国の規制当局から、引き続き注視されているとした。

裁判の進展

米証券取引委員会(SEC)との裁判については、8月31日に事実開示段階(訴訟に関連する文書の交換や証言の聴取など)が完了したと報告している。現在は専門家による証拠開示の段階で、SECとリップル社双方が本件の様々な側面について専門家が意見を述べたレポートを交換しているところだ。

裁判所はこのプロセスを2022年1月中旬までに終了させることを命じている。リップル社は、可能な限り迅速に訴訟を進めることを求めていくという。

XRPの売却

リップル社による、3QのXRP販売総額は、2Qの1.57億ドル(約179億円)に対して4.91億ドル(約559億円)と上昇した。販売目的としては、グローバルな即時決済を可能にするなど、XRPをブリッジ通貨とする送金ソリューションODLの利便性を向上させる資金を調達することを挙げている。

仮想通貨データ企業CryptoCompare社の提供するCryptoCompare TopTier(CCTT)指標によると、3Qのリップル社によるXRP総販売額は、世界のXRP総取引量の0.26%に相当した。なお、前四半期のXRP販売額は総取引量の0.04%だった。

3Qでは30億XRPがエスクローから解除され(毎月10億XRP)、総額26億XRPが再び新しいエスクロー契約に凍結されている。

オンチェンデータ

CCTTのデータによると、3Qでは、XRPを含むほとんどの仮想通貨の出来高が平均よりも弱かったという。XRPの一日あたり平均取引高は、2Qの44.9億ドル(約5,120億円)から50%以上減少し、20.8億ドル(約2,370億円)になった。イーサリアムとビットコインの出来高も33%減少していた。イーサリアムと競合するAVAX、LUNA、SOLなどは、前四半期比で取引量が増加し、過去最高を記録していた。

XRPの活用事例

リップル社は、DeFi(分散型金融)でもXRPが活用され始めていることを説明している。XRP Ledgerに組み込まれた分散型取引所(DEX)を利用するサードパーティーの取り組み事例を幾つかあげた。

例えば、XUMMのようなウォレットや、SologenicやGateHubのような取引プラットフォームが存在している。その他にも、XRPを活用するDeFiプロジェクトが、9月にテストネットワーク「Songbird」を立ち上げたFlare Network上で構築されているところだ。

DEX(分散型取引所)とは

ブロックチェーン上に構築される非中央集権型取引所。「分散型取引所」の英訳である「Decentralized EXchange」から「DEX」とも呼ばれる。中央管理者を介さずに当事者間で直接取引を行うため、管理者に支払う手数料が不要で、その他に流動性が低い、秘密鍵をユーザーが管理するなどの特徴がある。

▶️仮想通貨用語集

また、開発者がパブリックなXRP Ledgerの利点を活かして独自のサイドチェーンを構築することを可能にする機能「Federated Sidechains」も開発が進んでいる。9月には、NFTプロジェクトに投資する280億円規模のファンドも発表されている。

関連仮想通貨XRPの分散型台帳に新たなユースケースを──リップル社CTO、サイドチェーンの実装を提案

関連リップル、280億円規模のNFTファンドを発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します