コインチェックNFT、CryptoPunksの新プロジェクト『Meebits』販売へ

『CryptoPunks』の新プロジェクトを販売へ

暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックを運営するコインチェック株式会社は2日、提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」にて、2021年11月9日より3Dボクセルアバター『The Meebits』の取扱いを開始すると発表した。

また、今回の取り扱い開始を記念し、「Coincheck NFT(β版)」にて世界に994個しか存在しないTattooを持つMeebitsなど、6個のMeebitsが、11月16日より販売される。限定販売される6個のMeebitsについては、決済に利用できる通貨はイーサリアム、販売価格は5~7.5ETH(現在レートで、約250万円〜375万円)とされている。

『The Meebits』は、NFT(非代替性トークン)アート『CryptoPunks』を手掛けるLarva Labsの最新プロジェクト。イーサリアムチェーン上で生成される3Dボクセルアバターで、メタバースやゲーム、VRで利用できる。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

CryptoPunksとは

NFTアートの一種で、宇宙人など様々な個性あるキャラクターの作品が人気を博している。Larva Labsが発行する人気NFTシリーズ。収集可能なNFTプロジェクトの先駆けで、2017年に1万体のキャラクターNFTの無料配布が行われたことを始まりとする。イーサリアムブロックチェーン上で所有権の証明を行う。

▶️仮想通貨用語集

今回の発表について、同社は以下のようにコメントを残している。

今回、国内外で人気の高い『The Meebits』を、初心者でも簡単にNFTの取引ができるCoincheck NFT(β版)で新たに取扱うことで、より多くの方々にNFTに興味を持っていただくきっかけや実際に取引いただく機会を提供したいと考えています。

3Dボクセルアバター『The Meebits』は、『CryptoPunks』を開発したLarva Labs社が5月にローンチしたNFTプロジェクト。髪型やファッション、アクセサリーなどそれぞれ特徴が異なり、発行数は2万体に限定されている。昨今話題となっているメタバースやVRで利用可能であることも人気を集めている要因になっていると見られる。

関連:仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

Larva Labs社は9月、米国大手タレント事務所UTA(United Talent Agency)との提携を発表していることから、今後、映画やテレビなど様々なメディアでの露出が増えていくことが期待されている。/p>

「コインチェックNFT」で取り扱い、『The Sandbox』も流行

「Coincheck NFT(β版)」では、ブロックチェーンゲーム『The Sandbox』内の土地「LAND」も購入できるが、4月に1個あたり0.7ETHのLANDを計33個(530万円相当)出品したところ、約2時間で完売。同タイトルもメタバース領域として注目されていることが窺える。

また、『The Sandbox』は2日、インターネット発のキャラクター開発を手がける株式会社クオンと提携し、仮想空間上に同社専用の土地「Quan LAND」を開設したことを発表。クオン社のキャラクターのオリジナルNFT販売や、同社開発のNFTプロジェクト『CryptoCrystal』との連携など様々な施策が行われる予定となっている。

さらに同日、ソフトバンクグループが運営するファンド「Vision Fund 2」が「The Sandbox」について、100億円の調達ラウンドを主導したことが判明した。

関連:コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント

関連:コインチェックNFTβで取引とは?特徴や取り扱い商品の解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します