Lisk財団、12月にドイツで一般向けイベントを開催

ライブ配信も実施

暗号資産(仮想通貨)リスク(LSK)の開発を手がけるLisk財団が、12月2日にドイツのベルリンでイベントを開催すると発表した。

イベントは会場だけでなく、ネットでライブ配信も行われる。Liskの全体戦略やメリット、今後のマーケティング活動などに焦点を当てたプレゼンテーションとして、CEOのMax Kordek氏を始め6人が登壇するという。

今回のイベントは特定のオーディエンスに向けたものではなく、ユーザーや開発者、投資家など、ブロックチェーンに関心のある全ての層に向け、Liskの近況や今後の方針などを発表し、イベント後には交流会も催すとのことだ。

Liskは今年の5月にも、開発者に向けた大型イベント「Lisk.js」を開催しており、そこではLiskブロックチェーン上の相互運用性に関わる情報が公表された。

関連:Lisk財団、5月22日開催の大型イベントで「相互運用性ソリューション」発表へ

Liskについて

Lisk(リスク)は、Max Kordek氏とOliver Beddows氏によって2016年に立ち上げられた分散型アプリケーション(dApp)プラットフォームだ。本部はスイスに、開発拠点はドイツのベルリンに置いている。Liskエコシステム上で利用される仮想通貨は「LSK」で、プラットフォームの開発を手がけるのがLisk財団となる。

dAppsとは

dAppsとは、オープンソースのブロックチェーンを利用して開発されるアプリのこと。

仮想通貨用語集

Liskブロックチェーン上で稼働するアプリケーションの開発は、世界的に普及しているプログラミング言語「JavaScript」だけで対応可能なのが特徴。Javascriptは多くの利用者がいることから、ウェブエンジニアにとって開発への参入障壁が低い。

世界で最も利用されているプログラミング言語を採用することで、Liskは誰にでもブロックチェーンに触れる機会を提供することを目標として掲げている。

関連:仮想通貨 リスク(LISK)とは|今後の将来性とおすすめ取引所

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します