イーサリアムのL2技術開発企業「Matter Labs」、50億円超を資金調達

イーサリアムの処理能力向上へ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のレイヤー2ソリューションを開発するMatter Labsは8日、5,000万ドル(約56億円)の資金調達を行なったことを発表した。

今回のシリーズBとなる資金調達のリード投資家は、米大手ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)。調達した資金は事業の成長に使うと説明しており、具体的には技術チームの拡大などに利用するとした。最近まではイノベーションに関する取り組みに特化してきたが、これからは事業開発やマーケティング、コミュニティやエコシステムの構築にも力を入れていくという。

Matter Labsは、イーサリアムの処理能力をサポートするために、ゼロ知識証明(Zero Knowledge Proof:ZKP)の技術を活用していることで知られる企業。今年6月には「zkSync(ジーケーシンク)2.0」というソリューションのテストネットをローンチしたことが分かった。

関連イーサリアムL2プロジェクト「zkSync」、2.0のテストネットが稼働

ゼロ知識証明とは

証明(Proof)プロトコルの一種。証明者が「自身の主張は真実である」以外の情報を検証者に開示することなく、その主張が「真実である」と証明するメカニズムのこと。

例えば、送金者、受取人、送金額などの取引内容を第三者に明かすことなく、その取引が不正でないことを証明することができる。

▶️仮想通貨用語集

今回の資金調達では、仮想通貨取引サービスなどを提供する「Crypto.com」、イーサリアムのソフトウェア企業「ConsenSys」らも出資。他には、DeFi(分散型金融)の「AAVE」やNFT(非代替性トークン)プラットフォーム「Rarible」、それ以外にも70超のプロジェクトの創設者やリーダーらも出資したという。

a16zのジェネラル・パートナーは今回の発表で、以下のようにコメントを寄せた。

 

Matter Labsは、セキュリティや分散性、構成可能性を犠牲にせずにスケーラビリティの問題を解決しようとしている。

 

イーサリアムのスケーラビリティをサポートすることによって、Web3.0(分散型ウェブ)の可能性を広げてくれるだろう。

zkSyncとは

Matter Labsが開発するzkSyncの主な特徴は以下の3点。zkSyncは、イーサリアムのネットワークの混雑を緩和するためのソリューションだ。

  • 極めて低い送金手数料
  • イーサリアムメインネットレベルのセキュリティの高さ
  • ユーザーが資産を完全にコントロールできる

zkSyncのv1(バージョン1)は、決済利用のために開発され、2020年7月からイーサリアムのメインネットで利用されている。ウォレットやdApps(分散型アプリ)など多くのプロジェクトがzkSyncのv1を導入しているという。

また、zkSynのv2は、スマートコントラクトに対応したソリューション。今回の発表では、これからローンチされるテストネットについて、DeFiやNFT、ゲームや取引所など150を超える幅広いプロジェクトが、導入に向けた事前登録を済ませているとした。

Matter Labsは「今回の資金調達は、zkSyncのために行なった」とも説明している。

関連DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します