東南アジア大手銀、仮想通貨取引所の開設を検討か

OCBC銀も仮想通貨参入か

東南アジアの2番目大手銀行OCBC(華僑銀行)は暗号資産(仮想通貨)取引所の運営について検討しているようだ。

華僑銀行はシンガポールに本拠地を置く銀行で、同じくシンガポール発のDBS銀に次ぐ東南アジアにおける2番目の大手銀行だ。総資産は2020年度で約60兆円に及ぶという。

同行のHelen Wong CEOはブルームバーグの取材で、「仮想通貨取引所の提供については、顧客の需要に安全なアプローチで応えたいと思っている」、「我々は現在それを検討しており、サービスに関しては一部の作業も行われているが、人気が高まっているからといって、参入の準備を急がせることはない」と話した。

なお、詳細までは語らなかったが、DBS銀の仮想通貨事業に追随する可能性があるとみられる。

DBS銀は2020年12月より、機関投資家向けの仮想通貨取引所「DDEx」をローンチし、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)XRP(リップル)の4銘柄の現物取引を提供。今年の5月中旬からはそれらの投資信託の販売も開始した。

また、DBS銀傘下の証券会社DBS Vickersは8月にシンガポール金融庁(MAS)から許可を取得し、仮想通貨関連サービスの提供が可能になった。

シンガポールではさまざまな仮想通貨取引所や仮想通貨投資企業が運営されてしており、機関投資家の仮想通貨投資意欲も高い。また、政府はクリプトハブとして認知されるよう関連規制を整えている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します