リップル社がパラオ共和国と提携、デジタル通貨の戦略を開発へ

ブータン王国に続く2例目

米リップル社は23日、パラオ共和国と提携し、デジタル通貨の戦略を策定したことを発表。9月に発表されたブータン王国との提携に続く事例だ。

今回の提携はパラオ共和国に特化した、クロスボーダー決済及び米ドル裏付けのデジタル通貨の戦略開発にフォーカスしたもので、2022年上半期に世界初の政府支援のステーブルコインの導入を目指しているという。

リップル社はこの事業において、パラオ共和国に技術、ビジネス、デザイン、および政策のサポートを提供する。

関連リップル社、中央銀行デジタル通貨(CBDC)をブータン王国と試験運用へ

パラオ共和国に選ばれた理由について、リップル社は「ブロックチェーン及びグローバル決済システムにおける豊富な経験、そしてXRPレジャーがカーボンニュートラルでPoW系ブロックチェーンより遥かに省エネルギーであることを高く評価されている」と説明した。

関連リップル(XRP)徹底解説、XRPレジャーを深堀り【CONNECTV・動画解説】

パラオ共和国は太平洋に位置する共和制国家で、世界で3番目に人口が少ないとされている。

リップル社は今回の提携を通して、今後パラオのような国に、一般的な中央銀行デジタル通貨(CBDC)の代わりに、XRPレジャー(XRPL)基盤のステーブルコインを提供するというオルタナティブ方法の実行可能性やユースケースも模索していくとした。

CBDCとは

「Central Bank Digital Currency」の略で、各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された法定通貨を指す。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題も多い。

▶️仮想通貨用語集

関連中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します