慶大坂井教授に聞く、「暗号資産の方が素人は勝ちやすい」【CONNECTV】

動画コンテンツ紹介

雑誌「GOETHE」で連載中の「暗号資産は世界をどう変えるか?」と「CONNECTV」のコラボ企画で、暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン業界のキーパーソンへ取材を行い、動画形式でお届けしていく。

今回は、慶應義塾大学経済学部教授である坂井豊貴氏のインタビュー動画を全5回に渡ってお送りする。

動画の視聴はこちら

01:経済学者が考える「サトシナカモトはどんな人?」

02:株より暗号資産の方が素人は勝てる?

03:経済学者は「NFTの価格」をどう見るか?

04:政治学者や社会学者は、もっとビットコインに注目すべき

05:少額でもビットコインを買うと、理解が深まる

出演者プロフィール

坂井豊貴(Toyotaka Skai)

慶應義塾大学経済学部教授/ Economics Design Inc.共同創業者・取締役

1975年広島県生まれ。ロチェスター大学経済学博士課程修了。売買市場や集団的決定の方法などのビジネス実装に注力している。主著に『多数決を疑う』(岩波書店)。

Economics Design Inc.

坂井豊貴氏ツイッター

CONNECTVとは

仮想通貨(暗号資産)メディアCoinPostと、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュースや初心者向けの学べるコンテンツを解説するYouTubeチャンネル「#CONNECTV」。記事でわからないトピックを動画で毎日解説する内容をお届けしている。

国内大手仮想通貨・ブロックチェーンメディアだからこそ可能な有益な情報を配信予定。今後は、国内外のさまざまなビジネスジャンルのキーパーソンと、仮想通貨・ブロックチェーン業界のキーパーソンがコラボレーションできる「場」の創出を目指している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します