ビットコイン急反発で逆シンプソンズ、分散型取引所の勢いは依然衰えず

仮想通貨市況

週明け29日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比+6.4%の656万円(57,700ドル)と反発した。

BTC/USD日足

BTC価格など仮想通貨市場は先週末、株価暴落など金融マーケットがリスクオフに傾いたことを受け大幅安となった。26日のダウ平均株価が905ドル(2.5%)安となったほか、29日の東京株式市場でも日経平均株価が急落した。

南アフリカなどで新型コロナウイルスの変異種である「オミクロン株」が猛威が奮っていることが伝わり、市場心理が急悪化したことが主な要因として挙げられる。高い感染力を持つ「オミクロン型」は変異した結果、現在普及するワクチンが効きにくい性質があるとされ、欧州や香港での感染拡大が確認されるとリスク回避売りが膨らんだ。

ただ、週を跨いで金融市場も若干落ち着きを取り戻している。BTC価格は今年10月にロールリバーサル(役割転換)したサポートライン(下値支持線)の節目で下げ止まった後に二番底を確認しに向かったが、9日深夜帯にかけて急反転。下方ブレイクアウトからの値動きでベアトラップの様相を呈した。

BTC/USD4時間足

結果的に逆シンプソンズを描いて突っ込みショートが刈り取られるような展開となったが、6万ドルを下回って推移する限りは一時的なショートカバーに過ぎないとの懐疑的な見方も残るだろう。シンプソンズ・チャートとは、米国民的アニメ、ザ・シンプソンズのキャラクター「バート・シンプソンズ」の髪型に由来する。

シンプソン・チャート(20年6月)

シンプソンズ・チャートについて、仮想通貨ファンド「Three Arrows Capital」の経営者で仮想通貨デリバティブ取引所Deribitの著名トレーダーとしても知られるSu Zhu氏は昨年、「ビットコイン市場特有のパターンであり、デリバティブ取引所の出来高や未決済建玉(OI)に左右されやすい」と指摘。

「急騰・急落局面では、ロングとショートの未決済建玉を強制ロスカットさせる、逆指値注文(ストップロスオーダー)狩りが狙われることがある。大口投資家は、利益計算に基づいて相場を一定方向に動かし、流動性の低いポジションを清算させることも可能」との見解を示した。

直近では、相場のトレンドとインジケーターが逆行するダイバージェンス発生が反転シグナルを示唆していたほか、過熱感を示す日足RSIは今年9月の底値以来の水準まで低下していた。投資家の市場心理を表す「Fear & Greed Index」も、恐怖状態を示す30以下まで転落するなど、過熱相場から一転して悲観状態が強まっていたと言える。

同指標は、ボラティリティ、市場のモメンタム、SNSの感情分析、ドミナンス、Googleトレンドから算出するものだ。

Fear & Greed Index

テクニカルアナリストのMatthew Hyland(@Parabolic_Matt)氏は、今回の相場のサイクルが、「昨年9月〜12月にかけての強気相場の過程に類似している」と指摘。フラクタル(相似性)構造にあると主張した。

出典:Matthew Hyland

分散型取引所の隆盛止まらず

CoinPostと提携する米The Blockのデータによると、分散型取引所(DEX)の月次データにおいて、11月の出来高が1,000億ドル(11兆円)水準に達した。

今年7月の最低値563.5億ドル以来、月間出来高は増加し続けている。

市場を牽引しているのはイーサリアムブロックチェーン基盤の最大手DEXのUniSwapで、V2が473.7億ドル、流動性プロバイダー向け機能を拡充したV3が240億7000万ドルに及ぶ。

これに伴い、イーサリアム(ETH)バーン(焼却)数も大きな伸びを観測。バーン数比率のリーダーボードを確認すると、最大手NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスのOpenSeaなどと並び、UniSwapが上位を占める。

ultrasound.money

バーン数はすでに累計100万ETHを超えており、ETHの需給面でも好影響を与えている。

関連:わずか2年で30倍以上、仮想通貨イーサリアムが高騰する5つの理由

関連:コインチェック、フィナンシェと提携で第二弾「IEO」の実現目指す

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します