米Kelly、イーサリアム先物ETFを申請

再びイーサリアム先物ETFの申請

米資産管理会社Kelly Strategic Managementは29日、仮想通貨イーサリアム(ETH)の先物に連動するETF(上場投資信託)の申請書類をSECに提出したことがわかった。

『Kelly Ethereum Ether Strategy ETF』というこの上場投資信託はCMEで取引されるイーサリアムの先物契約を運用するもので、現物のイーサリアムには投資しないという。

関連米国初の「ビットコイン先物ETF」上場で今後の影響は|先物のプロが解説

このETFの申請は現在SECが審査する唯一のイーサリアム先物ETFになる。大手アセットマネージャーVanEckとProSharesは数ヶ月前にもイーサリアム先物ETFの申請を行なったが、8月に両社とも申請を取り下げた。当時、SECが会議で、イーサリアム先物ETFについて反対意見を示した可能性があるとされていた。

しかし、ProSharesのビットコイン先物ETFが10月にSECに承認され、米国第一号のビットコインETFとして上場が実現した事例を背景に、再びイーサリアム先物ETFの可能性が試されることになる。

関連ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ

関連上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します