CoinPostで今最も読まれています

スペイン議会はブロックチェーン技術と仮想通貨に有利な規制草案を満場一致で支持

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

スペインで仮想通貨とブロックチェーンに関する規制の見直し
スペイン議会は、満場一致で、技術革新と仮想通貨の基盤であるブロックチェーン技術を優遇する規制の作成を求め、下院の財務公共機能委員会の出席者全員の支持を得ました。

スペインで仮想通貨とブロックチェーンに関する規制の見直し

スペインEuropa Press紙の報道によると、5月30日、スペイン議会は、満場一致で、技術革新と仮想通貨の基盤であるブロックチェーン技術を優遇する規制の作成を求めました

与党である国民党の賛同を集め提案された草案は、下院の財務公共機能委員会の出席者全員の支持を得たことになります。

この草案では、BTCなどの仮想通貨とブロックチェーンに関する規制の見直しを求めるとともに、仮想通貨を管理されたテスト環境、いわゆる「規制のサンドボックス」を通じて、市場に導入することを提案しています。

また、ブロックチェーン技術がもたらす、費用削減面での利点、仲介業者なしに支払いや送金が可能になるという利点などを持つシステムとして宣伝し、スタートアップ起業育成の必要性なども盛り込むという点についても、議会は合意しました。

更に、この草案では、新技術を導入しているすべての企業がスペイン財務省への情報開示義務を遵守し、定められた通りに納税申告をすることを確実なものとするため、「バランスのとれた仕組み」を導入することの必要性に言及するとともに、仮想通貨のリスクにも注意を喚起し、投資家を守るためには、「リスク、権利、保証に関する適切な情報の普及」が不可欠であると主張しています。

この点に関して草案では、政府が、国家証券市場委員会(CNMV)と中央銀行であるスペイン銀行と協力し、他の欧州地域の状況も考慮の上、「仮想通貨の使用と規制に関する共通の立ち位置」を調整して行くことを提案しています。

Bloomberg紙の報道によると、この草案の推進役となった国民党は、今年初頭より、柔軟性のあるブロックチェーン技術と仮想通貨規制で知られるスイスなどを参考に、仮想通貨に友好的な法案の作成を進めてきたようです。

  今回、スペイン議会の満場一致の支持を得られたことで、スペインでの仮想通貨の法規制は、仮想通貨に有利な環境へ一歩、前進したと言えるでしょう。

中央銀行は懐疑的な立場

このように、スペインで政治レベルでは、着々とブロックチェーン技術の理解と普及を促す動きがある一方で、中央銀行であるスペイン銀行のLuis Maria Linde総裁は、先日、国の金融部門の主要企業が集まる会議におけるスピーチで、仮想通貨は現時点では「利点よりもリスクの方が大きい」として、仮想通貨に対する懐疑的な見方を述べています。

Linde総裁は、ブロックチェーン技術は「興味深く可能性がある技術」であるとしながらも、未だ成熟しておらず、仮想通貨に至っては、「意義のある改善を提供することのない、偽の目新しい商品」とまで呼んでいます。

このように、スペインでは、民意を代表する政治と、国の財政コントロールに寄与していると自負する中央銀行の、仮想通貨とブロックチェーン技術に対するアプローチには、温度差があるようです。

民間の動きを見てみると、スペイン第二の都市、バルセロナでは、先週、テクノロジー関連のハブであり、多くのスタートアップ企業が集まるバルセロナテックシティ(2016年夏開設)にブロックチェーン開発に特化したエリアが新設されることが、報じられています。 また、スペイン最大手のサンタンデール銀行は、4月に銀行としては世界で初めて、リップルの技術を利用したブロックチェーン国際送金ネットワークを開始しています。

仮想通貨とブロックチェーンを取り巻く状況は、刻々と変化し続けていますが、規制の面で有利な状況が生まれることが、これからの仮想通貨の発展に繋がることは間違いないでしょう。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア