Twitch共同創設者、ソラナ基盤のゲーム系NFT電子市場をローンチへ

ゲーム系NFT電子市場「Fractal」

世界的ゲーム実況サービスTwitchの共同創設者Justin Kan氏は13日、暗号資産(仮想通貨)ソラナ(SOL)基盤のゲーム系NFT電子市場のローンチを発表した。

新たなマーケットプレイスは「Fractal」というもので、ゲーム企業がNFT(非代替性トークン)をユーザーにリリースしたり、ユーザーが二次流通市場としてNFTを売買することもできる。Kan氏はZyngaのRobin Chan氏やShopifyのMike Angell氏といった起業家と連携しFractalをローンチするという。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

Web3.0基盤のマーケットプレイスについて、Kan氏はCoinDeskの取材で「ゲーマーはこれまでビデオゲームを通してお金を稼いてきたが、ゲーム内資産の所有権を与えてくれるWeb3.0のゲーミング領域への進化は自然なステップだろう」とコメント。

また、ソラナを選んだ理由についてはブログで、「処理速度が早く、利用コストが低いソラナブロックチェーンはゲーム内資産を大量に発行したいクリエイターに合っている」と説明した。

Kan氏は以前にもソラナ基盤のゲームに関わっていた。11月に、ソラナ基盤のマフィアメタバース「Syn City」の9億円調達ラウンドを主導した事例がある。

関連:「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します