米NYDIGの1,000億円資金調達、モルガン・スタンレーなどが出資

ビットコインの普及を加速するか

企業及び機関投資家向けにビットコイン(BTC)技術・投資サービスを提供する米NYDIG(New York Digital Investment Group)は14日、約8,000億円の評価額として1,100億円の資金を調達したと発表した。

今回の投資ラウンドは未公開株式投資会社WestCapが主導。Bessemer Venture Partners、FinTech Collective、戦略パートナーや既存の投資家であるAffirm、FIS、Fiserv、MassMutual、Morgan Stanley、New York Lifeも参加した。

調達された資金は、アップグレードされたビットコイン技術を同社のビットコイン・プラットフォームに導入するための開発費に投じられるという。例えば、ライトニング・ネットワーク(Lightning Network)を利用した高速決済、資産のトークン化、スマートコントラクト機能などが実装される予定だ。

NYDIGは「すべての人にビットコインを」を同社の使命として掲げている。Robert Gutmann共同創設者兼CEOは、今回の資金調達でその目標達成に向けて、さらに前進することができるとコメントした。

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークとは、ビットコイン上で展開する主要なセカンドレイヤーのオープンソースプロトコル。ブロックチェーン外で取引を行う「オフチェーン取引」を用いて、従来のBTCトランザクションより低コストで高速な少額決済を可能とする。

▶️仮想通貨用語集

活発な動きを見せるNYDIG

大手ヘッジファンドStone Ridge Asset Management(運用資産額1.1兆円相当)の子会社であるNYDIGは2017年に創業。銀行や保険会社など様々な企業にビットコイン関連技術や、機関投資家向けのカストディを含む金融サービスソリューションを提供している。

同社は昨年12月に銀行ソリューション事業を開始。今年に入り多くの金融サービス企業をはじめ、他業種との提携が実を結んでいる。

  • 6月:米Q2(金融機関へのデジタルバンキング・融資サービス)
  • 6月:米Fiserv (グローバルレベルの決済サービス提供)
  • 7月:米企業向け決済大手NCR
  • 7月:米Allied Payment Network(デジタル決済プロバイダー)
  • 10月:Q2と共同でデジタル・バンキング・プラットフォームの提供開始
  • 11月:米外食チェーンLandry’s社、ポイントを仮想通貨に交換できるプログラム
  • 11月:米NBAチーム、ヒューストン・ロケッツのスポンサーに(スポンサー料はBTC支払い)

関連:米金融機関でビットコイン取引が可能に、NYDIGとQ2がプラットフォーム提供

関連:米ヒューストン・ロケッツ、ビットコイン投資企業NYDIGと提携

NYDIGの活動で特に活発なのが金融サービスプロバイダーとの提携だろう。同社との提携を通して、各企業のクライアント(金融機関・企業)は、その顧客(個人)向けにビットコインをはじめとする仮想通貨投資ソリューションを提供することが可能になる。

NYDIGのPatrick Sells最高技術責任者は、既存の企業に対する支援強化を通じて、様々な方法でビットコインへのアクセス提供を促進する道を選んだと語っている。例えば、ビットコインウォレットを個別の企業のアプリに実装することで、銀行がその顧客に仮想通貨取引サービスを提供したり、外食チェーンがビットコインでポイントを支払えるようにすることだ。

アメリカでは来年から、あらゆるアプリにビットコインが登場することになるだろう。それがNYDIGのビジネスモデルだ。

関連:米NYDIG、7つ目の仮想通貨ファンドで調達

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します