米保険企業、1億円相当のビットコインに間接投資

BTC購入の企業と合併

米保険企業Lemonade社が買収した企業が、2021年秋までに100万ドル(1.1億円)相当の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を購入していたことがわかった。SEC(証券取引委員会)の書類から明らかになった。

Lemonade社はニューヨーク証券取引所に上場しているIT系の保険企業。今回合併が決定したのは自動車保険企業のMetromileで、こちらの企業が6月にビットコインを購入していた。

SEC書類によれば、Metromile社は9月末時点で累計100万ドル(1.1億円)分のビットコインを貸借対照表(バランスシート)に組み入れており、保有開始時点から20万ドル(2,200万円)分の減損を計上しているという。

米上場企業では、IT企業のマイクロストラテジー社やEV(電気自動車)大手のテスラ社がビットコインをバランスシートに保有。この内、マイクロストラテジー社は122,478BTCを有しており、保有量を公開する上場企業としては最多数を誇る。

関連: 米マイクロストラテジー、94億円相当のビットコイン買い増し

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します