スイスの仮想通貨銀行、AaveのDeFiサービス利用を申請

SEBA銀がホワイトリストへ

スイスの暗号資産(仮想通貨)銀行SEBA Bank AGは21日、大手DeFi(分散型金融)のAaveの機関投資家プラットフォームに参加する計画を発表した。

SEBAはスイスの金融規制当局FINMAから銀行業の認可を取得した、仮想通貨を含むデジタル資産を取り扱う銀行で、今回はAaveの機関投資家プラットフォーム「Aave Arc」へ、ホワイトリスト企業として参加する提案をAaveのガバナンスサイトに提出した。

Aave(アーべ)はDeFiの貸付プロトコルで、DeFiPulseのTVL(預かり資産)ランキングで3位で、1.3兆円に及ぶ。AaveではAAVEというガバナンストークンが利用されている。

貸付(レンディング)とは

保有している仮想通貨を一定期間貸し出すことで、利息を得ることができるサービスのこと。コインチェックやbitbankなどの取引所や、Cream FinanceやAave、CompoundなどのDeFiプラットフォーム等がサービスを提供している。

▶️仮想通貨用語集

SEBAはホワイトリスト企業として参加することで、クライアントにAaveの金融サービスを提供することを目的とする。Aave Arcがローンチされるまで、SEBAのクライアントは地域の規制制限のためAaveの流動性にアクセスすることが困難だっとという。

Aaveは今年の夏に、Aave Arcをローンチし、大手カストディ企業Fireblocksを最初のクライアントとして受け入れた。Aave Arcは通常のAaveプラットフォームと異なり、パーミッソンレスではなく、パーミッションの仕組みを設けいているため、参加したい企業はSEBAのように提案する必要がある。

SEBAはAave Arcへの参加について、「Aave Arcは、企業が法令遵守しながらDeFiイールドにアクセスする機会を与えてくれる」、「今年、Aaveのようなプラットフォームが提供する流動性プールにアクセスしたいクライアントの要望が増えてきた。SEBAはスイスだけでなく、海外の資金管理業のクライアント基盤も持っているため、Aave Arcに機関投資家の流動性を提供できると考えている」と説明した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します