Ubisoft、メタバースのNFTゲーム「DOGAMÍ」に出資

メタバースのNFTゲームに出資

大手ゲーム企業ユービーアイソフト(Ubisoft)は、メタバース(仮想空間)上のNFT(非代替性トークン)ゲーム「DOGAMÍ」に出資することが分かった。

初期の資金調達となる今回のプレシードラウンドでDOGAMÍは、合計600万ドル(約6.9億円)の資金を獲得。出資にはAnimoca BrandsやThe Sandboxの共同創業者らも参加した。DOGAMÍは今回の資金を活用し、NFTゲームの開発を進める。

関連メタバース系NFTゲーム「The Sandbox(SAND)」とは|主な特徴と将来性を解説

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

本内容はプレスリリースを入手した海外メディアが先週に報じた。DOGAMÍの公式ツイッターアカウントも、メディアの報道をリツイートする形で内容を認めている。

DOGAMÍはNFTキャラクターである犬をプレイヤーが飼育するゲーム。ゲームのストーリーを作るのは、スーパーマンの作品に携わったり、Marvel作品の作家を務めたりした経験があるBryan J.L.Glass氏だ。

ゲームではミッションをクリアすることで報酬として「DOGA」というトークンを得ることもでき、DOGAMÍはPlay-to-Earn(遊んで稼ぐ)ゲームに分類される。ゲームの基盤には、暗号資産(仮想通貨)テゾス(XTZ)のブロックチェーンを採用した。

関連Ubisoft、NFTプラットフォームをローンチへ テゾスブロックチェーンを採用

公式ウェブサイトによると、ゲームの最初のバージョンは2022年2Q(4月から6月)にローンチ予定。この期間にはステーキングやファーミングといったDeFi(分散型金融)機能のローンチも計画している。

関連DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

また、その前の22年1Q(1月から3月)にDOGAトークンを上場する予定。同年Q3(7月から9月)にはイーサリアム(ETH)とテゾスのブロックチェーンを接続する機能も実装予定だ。

AR(拡張現実)も導入するDOGAMÍのゲームは、iOSとAndroidのモバイル端末で利用できるようにする計画。DOGAMÍは、ペット(Pet)を飼育する仮想空間のことを「ペタバース(PETAVERSE)」と表現しており、今回調達した資金はペタバースの構築に活用するという。

ユービーアイソフトの幹部は今回の出資について、以下のようにコメントを寄せた。

 

当社は、ブロックチェーンがビデオゲームの未来の鍵を握っていると信じている。プレイヤーにも開発者にも新しい可能性をもたらすだろう。

 

DOGAMÍも同じ考えを持っており、ブロックチェーンゲームをメインストリームのプレイヤーに広めることに貢献してくれるはずだ。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使ってゲームや音楽のライブ、オンラインカンファレンスに参加できるなど、様々な領域で活用が期待されている。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します