株式市場下落で仮想通貨連れ安、BTCドミナンスは過去最低水準30%台に

仮想通貨市況

米ダウ平均株価は5日、前日比392ドル54セント(1.1%)安と下落した。

公開された20年12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨にて、米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め、及び早期利上げ観測が高まったことで警戒感が広がった。

米長期金利(10年物国債利回り)の上昇によって、株価収益率(PER)の高いグロース株を中心に構成されるナスダック総合指数は、前日比-3.3%安と20年9月以来の下げ幅に。

これを受けて、ビットコイン価格は、前日比-6.4%の503万円(43,377ドル)と大幅下落した。

BTC/USD日足

昨年6月以降米株市場との相関係数は上昇傾向にあり、とりわけリスクオフ局面で現金が需要が高まると、一斉に売られる場面が目立つ。

関連:ビットコインと米株市場の相関係数0.35まで上昇

急落の過程で一定のロスカットは発生したが、OI(未決済建玉)状況からもこの規模だとアク抜けには不十分か。

bybt

ドミナンス過去最低水準に

ビットコイン(BTC)の市場占有率を示すドミナンスは、過去最低水準の30%台に達した。

ドミナンス推移

ビットコインドミナンスの減少は、2021年以降のアルトバブル再来の影響が大きいが、21年12月以降はアルト市場からの資金抜けも目立ち始めており、下落トレンドを鮮明にしている。

ハッシュレート

なお、3日にかけてのビットコインハッシュレート(採掘速度)一時急落は、カザフスタンの政情不安が影響を及ぼしたことも指摘される。

中国のマイニング禁止令を受け、世界最大のシェアを占めていた同国内の大手採掘業者(マイナー)は、安価な電気代を求めてカザフスタンや米国テキサス州などの移転を進めた経緯がある。

関連:中国のビットコインマイナー大量撤退で激変する勢力図、新たなマイニング拠点は?=英ケンブリッジ大学の最新データ

Finantial Timesが報じたところによると、この結果、電力需給のバランスが崩れ、昨年10月には3つの発電所が緊急停止を余儀なくされた。12月には、カザフスタンの電力会社KEGOCが電力供給を制限するに至っている。

直接的な因果関係は不明ながらも今回、自動車などの燃料が大幅に値上がりしたことに対する大規模な抗議デモが発生。大統領が非常事態宣言を発令した。同国のビットコイン(BTC)ハッシュアクティビティは、現時点で世界全体の18%を占めるとされる。

アルトコイン市場の動向

Coinmarketcap時価総額14位のアルトコインであるポリゴン(MATIC)のネットワーク手数料(Gas)代が、およそ16倍まで急騰する場面があった。

polygonscan

主な要因は、NFT(非代替性トークン)とポリゴンネットワークを使ったブロックチェーンゲーム「Sunflower Farmers(ひまわり農家)」の人気化だ。 かつてmixiで流行したブラウザゲーム「サンシャイン牧場」を彷彿とさせる農作物の収穫ゲームとなっている。

一方、早期投資家ほどメリットを享受できる仕様から、Sunflower Farm(SFF)トークン報酬を求めて、熾烈なガス引き上げ競争を招き、botを引き込んだとする指摘がある。その結果、ポリゴン(MATIC)の手数料の内、約半数を占めるまでに至ったとされる。

Dappradarのデータを確認すると、過去1週間でトランザクション数が100倍に急増した。

dappradar

ポリゴン(MATIC)は、ネットワーク手数料(Gas)代高騰など混雑するイーサリアムチェーンのサイドチェーンとして機能する役割を持つ。

イーサリアムチェーンは1TX=50〜100ドル掛かることも珍しくないため、ポリゴンが最大で1TX=1ドル相当の1000Gweiまで高騰したとはいえ相対的には安い部類と言えるが、NFTレンタルプロトコルのDouble Protocolが、AlphaPassのリリースを延期するなどの影響が生じ始めており、懸念されている。

関連:国産人気NFTゲーム「マイクリプトヒーローズ」、Polygonと提携

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します