Uniswap、レイヤー2で流動性マイニング準備中

二つのレイヤー2で開始準備か

大手分散型取引所(DEX)Uniswapは2〜3週間後にもレイヤー2ブロックチェーンでUNIトークンの流動性マイニングを開始する計画がわかった。

流動性マイニングとは

イールドファーミングを行う人達を惹き付けるため、流動性提供の対価として利息の他にガバナンストークンが付与されることを指す。

▶️仮想通貨用語集

ロールアップ間のトークン送信プロトコル「Hopprotocol」の開発者@litoが12日に掲載した投稿によると、Uniswap v3はイーサリアムのレイヤー2ネットワーク「Aribitrum」と「Optimism」におけるUNIトークンの流動性マイニングプログラムのスマーコントラクト監査を進めているところだ。監査は「ABDK」というブロックチェーンコンサルが担当しているという。

また、ユーザーインターフェースの改善も見込まれていると説明した。

「Aribitrum」と「Optimism」で流動性マイニングプログラムを開始するというUniswapのコミュニティ提案は昨年12月に採用された経緯がある。

また、Uniswapはガス代軽減対策として、昨年には上述2つのレイヤー2ネットワークでもv3をローンチした。また、12月にはポリゴン(MATIC)ブロックチェーン 上でもv3を稼働開始した。

関連Uniswap創設者、2022年の計画を発表

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します