パキスタン、仮想通貨の使用を禁止か=報道

仮想通貨を禁止か

パキスタン中央銀行と同国政府は、暗号資産(仮想通貨)の使用を禁止する意向であることが分かった。現地メディア『SAMAA TV』などが報じた。

禁止が決定したわけではないが、パキスタン中央銀行が仮想通貨に対する考え方を明確に示したのは初めてと報じられており、注目を集めている。仮想通貨を禁止することに加え、パキスタン中央銀行らは取引所に罰則を設けたいとも考えているもようだ。

パキスタンでは現在、仮想通貨に対する規制が明確に定められていない。同国は、草の根で仮想通貨が普及している程度を測定するチェイナリシス独自の「仮想通貨採用指標」で、世界3位にランクインしている(2021年8月発表)。

関連「日常的に仮想通貨を利用する国」ランキング2021 上位の国が変化

チェイナリシスとは

ブロックチェーンデータのプラットフォーム。60カ国を超える政府機関や取引所、金融機関らにデータやソフトウェア、サービス、リサーチデータを提供している。

▶️仮想通貨用語集

今回の報道によると、パキスタンのシンド州高等裁判所(SHC)は昨年10月、政府に3カ月以内に仮想通貨規制を整備するように指示。専門委員会を作って、仮想通貨の法的な位置付けを定義するように伝えていた。

また、SHCは仮想通貨の利用に関するレポートを関係当局に作成することも依頼。このレポートが12日に提出されて、その中に「仮想通貨は違法で、取引は禁止すべきだ」という中銀らの考えも記載されていたという。レポートでは、仮想通貨はマネーロンダリングやテロ資金供与に使用される可能性がある等の懸念にも言及した。

さらにレポートは、中国やサウジアラビアなど少なくとも11カ国が仮想通貨を禁止した事例を挙げている。その他にも、パキスタンの調査当局が、バイナンスなどの取引所が詐欺に利用されたとして、調査を行なった事例にも言及。こういった取引所の存在は、投資家にとってリスクになるとも警告した。

一方で、パキスタンでは多くの人々が仮想通貨に興味があると主張し、合法とすべきだとの声も上がっているようだ。SHCは、今回のレポートを金融と法律の政府組織に回付し、仮想通貨を法的にどのように扱うか最終判断を下すように指示したという。

関連パキスタン商工会議所、仮想通貨取引の促進政策を政府に提言

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します