手塚治虫作品「火の鳥」と「ブラックジャック」NFT、来週オークション開始

「火の鳥」と「ブラックジャック」NFT

株式会社手塚プロダクションは17日、独自のNFT(非代替性トークン)シリーズ「From the Fragments of Tezuka Osamu」の第2弾(「火の鳥」)と第3弾(「ブラックジャック」)の発売を発表した。

販売は来週24日から開始。これらのNFTシリーズは、double jump.tokyo株式会社(DJT)のNFT事業支援サービス「NFTPLUS」を通して展開される。

「From the Fragments of Tezuka Osamu」には、「モザイクアートNFT」と、同NFTで使用した画像素材から生成された「ジェネレーティブアートNFT」の2種類が存在する。第1弾(「鉄腕アトム」がテーマ)は、2021年12月に発売し、「ジェネレーティブアートNFT」は、販売開始から1時間で完売した経緯がある。

出典元:DJT

関連:1,000個の「鉄腕アトム」NFT、販売開始1時間で完売

売上の一部はUNICEFなどに寄付

「モザイクアートNFT」は、カラー原画840枚で作成された背景と「火の鳥(ブラックジャック)」のキャラクターで構成されている。キャラクターには、手塚治虫作品の4,000枚以上の白黒漫画原稿を4万点以上の断片にカットし、モザイク素材として配置。組み合わせることで1つの絵になっている。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

今回のNFTの販売は、「ジェネレーティブアートNFT」は公式サイトでの定額販売、「モザイクアートNFT」の場合は「OpenSea」でイングリッシュオークション形式で行われる。イングリッシュオークションとは、最も高額な入札額を提示した人物が、品物(この場合はNFTアート)を落札できる仕組みだ。

「OpenSea」でのオークションは、27日12:00から29日12:00までの期間に実施される。オークション開始価格は10ETH。終了前10分以降に新たな入札があった場合は、さらに10分間、終了までの時間が延長される。

出典元:DJT

「From the Fragments of Tezuka Osamu」第2弾と第3弾の売上は、ユニセフと、日本の子供のための組織にそれぞれ10%(合計20%)寄付される。コロナ禍で苦しむ子供たちのための取り組みであるという。

なお、発表によると「From the Fragments of Tezuka Osamu」の展開は、今回で一度終了する模様。現時点では、以降のシリーズ展開の予定はないとされている。

関連:鉄腕アトムなど手塚治虫作品のモザイクアートNFT、オークション販売へ

追記(1/24)

その後、ジェネレーティブアートNFTの第2弾「火の鳥」1,000点は24日の販売開始直後から2時間弱で完売。「想定以上のアクセス集中」が殺到してサイト表示に不具合が生じるなど、引き続き高い注目度を見せた。

第三弾「ブラック・ジャック」 のジェネレーティブアートNFT1,000点は25日12時から販売開始を予定している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します