米マイクロソフト、メタバース事業の発展へ アクティビジョン・ブリザードを買収

メタバース事業の発展へ

米マイクロソフトは18日、米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードを687億ドル(約7.8兆円)で買収すると発表した。

モバイル機器やパソコン、ゲーム機器、クラウドと環境をまたいでゲーム事業の成長を加速させることが狙い。また、今回の買収をメタバース(仮想空間)事業の発展にもつなげたいとした。

メタバースとは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。アバターを使ってゲームや音楽のライブ、オンラインカンファレンスに参加できるなど、様々な領域で活用が期待されている。

▶️仮想通貨用語集

関連次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

アクティビジョン・ブリザードは、「Call of Duty」や「World of Warcraft」といった人気ゲームを手がけている。同社の月間アクティブユーザー数は4億人。ユーザーは190カ国に広がり、同社はeスポーツ事業にも強みを持つ。

今回の発表でマイクロソフトは、買収が完了すれば中国のテンセントと日本のソニーに次いで収益が世界3位のゲーム企業になると説明した。

買収手続きの完了は2023年度になる見込み。これから、慣習的な取引完了条件を満たし、規制当局やアクティビジョン・ブリザードの株主からも承認を得る必要がある。現時点では、両企業の取締役会が合意した状況だ。

マイクロソフトのSatya Nadella最高経営責任者(CEO)は今回の発表に以下のようにコメントを寄せた。

 

ゲームは全てのプラットフォームにおいて、最も勢いがあり、非常にエキサイティングなエンターテインメント。メタバースのプラットフォームの開発でも重要な役割を果たすだろう。

 

我々は、プレイヤーやクリエイターを1番に考え、ゲームを安全に誰でも利用できるという新たな時代を先導するため、ワールドクラスのコンテンツやコミュニティ、クラウドに投資していく。

メタバース事業

今回の発表では、メタバース事業について詳しい説明はなかったが、Nadella氏は昨年11月、ブルームバーグTVの取材で、ゲームコンソール「Xbox」におけるゲーム型メタバースの開発にも注力すると明かした。

その際、ゲームにメタバース環境を導入することを示唆。「HaloやMinecraftなどの2D世界のゲームを完全なる3Dにすることが課題だが、我々の計画にはある」と説明していた。

メタバースはブロックチェーン技術と相性が良いため、暗号資産(仮想通貨)業界からもマイクロソフトの動向に注目が集まっているが、同社ゲーム部門のトップPhil Spencer氏は昨年11月に、NFT(非代替性トークン)を同社のゲームに導入することに対しては、慎重な姿勢を示している。

全てのNFTゲームがそうであるとは言わないが、現在の傾向は「搾取的」であると主張。エンターテインメントというよりは利益優先の傾向が見られると指摘した。

関連米マイクロソフト幹部、ゲームへのNFT導入に慎重姿勢

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します