露プーチン大統領、仮想通貨マイニングを認める意向か ブルームバーグ報道

仮想通貨のマイニングを容認か

ロシアのプーチン大統領は、暗号資産(仮想通貨)のマイニングを認める意向であることが分かった。3名の情報筋の話として『ブルームバーグ』が報じた。

同国の中央銀行は仮想通貨の使用を完全に禁止することを提案しているが、政府は税金を課すなどのルールを制定した上でマイニングを許可する考えだという。情報筋は、プーチン大統領は政府の考えを支持していると明かした。

マイニングとは

ビットコインなど、コンセンサスアルゴリズムにプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を導入する仮想通貨の取引を検証・承認すること。マイニングは、コンピューターで膨大な計算を行うため、大量の電力が必要になる。

▶️仮想通貨用語集

関連初心者でもわかる、ビットコインのマイニング(採掘)とは 3種類の方法を解説

プーチン大統領は26日、政府関係者とのテレビ会議で、政府と中央銀行の双方が合意した仮想通貨規制を策定し、報告するよう要求。その際、同国はマイニングに優位性があることにも言及している。

関連露プーチン大統領、仮想通貨規制を策定するよう政府と中銀に要求

ロシアは、中国が仮想通貨の取引やマイニングを禁止した後、米国、カザフスタンに次いで世界3位のマイニング大国となった。プーチン大統領はテレビ会議で、ロシアがマイニングに強みを持つ要因として、余剰の電力があることや優秀な人材がいることを挙げている。

関連抗議デモ発生のカザフスタン、インターネット遮断で仮想通貨のハッシュレートに影響か

今回のブルームバーグの報道は、26日の内容の続報。前回はプーチン大統領の規制に対する考えは明確にされていなかったが、今回の報道でマイニングは禁止しない意向であることが明らかにされた。

ロシアでのマイニングは、電力に余剰がある地域に限定したり、税金を課したりといったルールを策定した上で認められる可能性が浮上。ブルームバーグによると、同国には電力に余剰のある地域が多いという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します