仮想通貨業界関連ETFを新たに申請、米フィデリティ

ETF申請を続ける

米大手金融機関フィデリティは27日、仮想通貨業界関連ETF(上場投資信託)をSEC(証券取引委員会)に新たに申請した。

27日にはメタバース(仮想現実)をテーマとしたETF「Fidelity Metaverse ETF」を申請したことが明らかになったが、もう1つ申請したのは、「Fidelity Crypto Industry and Digital Payments ETF」というETFで、「Fidelity Crypto Industry and Digital Payments Index」という独自の指数のパフォーマンスを追い、暗号資産(仮想通貨)業界の関連企業の上場株で運用するものになる。

関連米フィデリティ、メタバース系ETFを申請

ポートフォリオに入る株式の銘柄は仮想通貨取引、マイニング、ブロックチェーンテック企業、デジタル決済企業などを含めるが、仮想通貨には直接投資しない。

フィデリティが今回新たに申請したETFに類似したものがすでに米国で取引されている。米大手資産管理会社Invescoが仮想通貨投資企業Galaxy Digitalおよび指数プロバイダーAlerianと提携し提供している「Invesco Alerian Galaxy Crypto Economy ETF」がその一例だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します