米フィラデルフィア市、シティコイン導入検討に前向きな姿勢

市長が検討を許可

米ペンシルベニア州フィラデルフィア市のマーク・ウィーラー最高情報責任者(CIO)は1月31日、同市のジム・ケニー市長が分散化トークンプロジェクト「シティコイン(CityCoins)」との提携について、検討を始める許可を出したと発表した。

「シテイコイン」は地域(地方自治体)を応援・支援するために発行された非公認プロトコルで、調達した資金は地域発展などに活用される。

21年8月、第1弾として米マイアミ市で「マイアミコイン」が非公式にローンチ。開始から1週間で、マイアミ市に約1億円の収益をもたらしたことが報じられた。

関連:マイアミコイン開始1週間、同市に約1億円の収益

11月には、第2弾プロジェクトとして「ニューヨークシティーコイン(NYC Coin)」のマイニング開始が告知されている。また同月には、テキサス州の「オースティンコイン(ATX)」の採掘開始も発表された。

CityCoins(シティコイン)とは

地域コインを作成する草の根プロジェクト。仮想通貨スタックス(STX)のプロトコルを用いている。マイナーはSTXをプロトコルに送信して入札し、その額に応じて、地域コインを受け取れる仕組み。自治体が同意すれば、その自治体の所有するウォレットに収益の一部を配布することができる。

▶️仮想通貨用語集

市長は好意的な姿勢

現在、フィラデルフィア市の「シティコイン」に関する検討は初期段階であるという。

今後は、同市の法律部門からの助力を受けつつ、暗号資産(仮想通貨)に関連するペンシルバニア州法の審査を行う模様だ。マイアミ市が「シテイコイン」と締結している契約についても、フィラデルフィア市として研究を行うという。

ウィーラーCIOによれば、同氏は直属の上司であり最高管理責任者のステファニー・ティプトン氏と何度も話し合い、ケニー市長とも話したが、市長は「シティコイン」の導入を「良いアイディア」と考えている。市長の事務所は「シティコイン」について、以下の声明を発表している。

フィラデルフィアは、デジタル・エクイティ(株式)の取り組み、賃貸支援、アートプログラムへの資金提供など、市が抱える喫緊の課題に対するシティコインプログラムからの寄付の可能性に熱心だ。

その点において、シティコインは資金調達するための革新的な方法である可能性がある。そして世界中のフィラデルフィア市を愛する人々が、(同市の)取り組みに貢献し、サポートするために使用できる手段である。

関連:ニューヨークシティコイン、10日よりマイニング始動へ

「シティコイン」の導入には、新しいサーバーの設置が不要なことも環境への負荷を最小化できるという点でメリットがあるとウィーラーCIOは指摘している。

同氏は、現時点ではスケジュールは確定していないものの、「シティコイン」とは、22年の春の終わりまでに合意に至りたいと説明している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します