米ボストン連銀とMIT、CBDC構築のソフトウェアを一般公開

CBDCの技術研究

米ボストン連邦準備銀行とマサチューセッツ工科大学デジタル通貨イニシアチブ(MIT DCI)は3日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する最初の研究結果を発表した。

プロジェクト・ハミルトン(Project Hamilton)と呼ばれる共同研究は、技術的な探索調査を行うことを主眼に置いており、技術面におけるCBDCの設計上の課題を理解するためのものだ。今回、プロジェクトの第1フェーズとして発表された研究論文は、オープンソースの研究用ソフトウェア「OpenCBDC」を用いて開発された、「理論上の」高性能なトランザクション処理プログラムについて紹介し、研究で得られた知見を詳述している。

プロジェクトの主要目標は以下の二点に集約される。

  1. CBDCのサポート要件を満たすコア処理プログラムの設計
  2. 協業、データ収集、複数のアーキテクチャの比較や今後の研究が可能な、柔軟性のあるプラットフォームの構築

ボストン連銀のJim Cunha副総裁は、プロジェクトの成果を高く評価しているようだ。

MITと連銀技術者の協業によって、CBDCを設計する上で考慮すべき技術や選択肢についての学びを可能にする、拡張性のあるCBDC研究モデルが誕生した。

研究チームはプロジェクト・ハミルトンのソフトウェアコード「OpenCBDC」をgithubで公開。一般からの貢献を呼びかけている。

CBDCとは

CBDCとは、各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

関連:米FRBパウエル議長「ステーブルコインはデジタルドルと共存可能」

二つのアーキテクチャを比較

プロジェクトハミルトンの第1フェーズでは、「仮想的な汎用CBDCのためのコア処理エンジン」を設計し、二つのアーキテクチャを比較検討した。両者の主な違いは、順序づけられた取引履歴を組み込むかどうかで、スケーラビリティ、プライバシー、監査の可能性についてトレードオフの評価ができる。

これはCBDCを設計する場合、パフォーマンス、監査性、機能性、またプライバシーなどの点について、政策立案者と設計者が取り組むべき課題を明らかにするためでもある。

取引履歴を保存しないアーキテクチャでは、毎秒170万件の取引処理が可能なコードベースが出来上がったという。また、取引の大半が2秒以内で決済の確定に至ったとのことだ。一方、取引履歴を内部に保存するアーキテクチャでは、未使用の資金を監査することが可能という利点がある。

ブロックチェーンを使用しない

OpenCBDCはブロックチェーンを用いて構築されていない。ただし、非対称暗号と暗号的にリンクされたデータブロックなど、ブロックチェーンで使用される幾つかの技術は取り入れているという。

共同研究で、暗号技術、分散型システムとブロックチェーン技術からアイディアを選択することで、暗号化された支払い証明や、アトミック送金、柔軟性の支払い承認など、独自の機能と堅牢な性能を提供することができるとの知見が得られたためと説明されている。

特に中央集権的な管理を想定したプロジェクトハミルトンには、分散型台帳は信頼性という前提に合致しないと指摘。さらに単独の集中的な管理下で運用する場合でも、分散型台帳のアーキテクチャには、スケーラビリティ問題などのデメリットがあることが判明した。

より複雑な機能の提供を目指す

ハミルトンプロジェクトの第2フェーズでは、新たな機能と技術設計について、以下のようなトピックについて、さらに探求するという。

  • プライバシーと監査可能性を考慮した暗号設計
  • プログラム可能性とスマートコントラクト
  • オフライン決済
  • 安全な発行と償還
  • 新たなユースケースとアクセスモデル
  • オープンアクセスの維持技術(サービス妨害攻撃への対応)
  • 政策制定のための新しいツール

特に個人向けに発行されるCBDCの場合、プライバシーの面で多くの懸念があることが、米連邦準備制度理事会(FRB)が先月発表した協議書で取り上げられ、連邦議員からは、FRBによる個人向けCBDC発行を禁止する法案も提出されている。

MIT DCIを統括するNeha Narula氏は、「米国で、中央銀行の決済システムを採用するかどうか、あるいはどのように採用するかを決定するには、まだ多くの課題が残っている」と述べている。

今回のプロジェクトハミルトンのコード公開は、今後、より具体的にCBDCのあり方や課題を問う機会を提供することになると考えられる。

関連:米議員、FRBによる個人向けCBDCの発行を禁止する法案を提出

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します