仮想通貨取引所FTX、ADAとATOMの現物上場投票を実施

ユーザーによる上場投票第2弾

2月19日追記:今回の投票で当選したのは、コスモス(ATOM)だ。

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTX(国際版)は11日、エイダ(ADA)とコスモス(ATOM)の現物上場におけるユーザー投票を開始した。

FTXは以前よりADAとATOMのデリバティブ取引を提供している。

関連Cosmos、上半期ローンチ予定のインセンティブ・テストネット4つの新情報公開

関連仮想通貨取引所GMOコイン、カルダノ(ADA)取扱い開始

FTXが実施する投票への参加権を有するのは、プラットフォームトークンFTTの保有者のみ。FTTの残高が25以上だと1票、100以上だと2票、そして1,000以上だと6票分の投票権が付与される。また、FTTをステーキングしている場合は、ボーナス票が得られる。投票は2月18日まで可能だ。

先週にはNEARとLUNAの投票を第1弾として実施し、結果LUNAが選出された。

また、FTXの日本進出にも新たな動きがあった。先日、FTXに買収されることが発表されたLiquid Groupは、15日(火)午後5時より、Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)が『ソラナ(SOL)』および 『FTXトークン(FTT)』の現物取引を開始することを発表した。2銘柄は日本での初取扱になる。

関連時価総額上位の暗号資産SOLとFTTが国内初上場へ、Liquid by QUOINEで取り扱い開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します