仮想通貨取引所GMOコイン、カルダノ(ADA)取扱い開始

GMOコイン、カルダノ(ADA)を上場

国内暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインは26日、エイダ(ADA)の取扱いを開始したことを発表した。

販売所サービスと「つみたて暗号資産」にて取り扱われる。国内取引所でのADAの取扱いは、ビットポイントが2021年8月に初めて上場させて以来、2例目。

ADAの取り扱い開始によりGMOコインの取扱い銘柄は以下の16種類となった。

エイダ(ADA)とは、仮想通貨の設計と開発の課題を解決すべく開始されたオープンソースのブロックチェーンプロジェクト「カルダノ」の基軸通貨。

エイダの合意形成アルゴリズムは、学会にて暗号学者の査読を受けた論文に基づいて設計されており、進捗やソースコードはカルダノ公式サイトやGitHubにて公開されるなど、透明性の高さを特徴としている。

また、PoSを採用しているため「ステーキング」が可能。ステーキングプール数、ステーク委任されたプールの飽和度、ブロックの生産効率などにより、ステーキング報酬が決定される。

執筆時点の時価総額は350億ドル(約4兆円)で6位に位置している。

関連:GMOコインとは 初心者にもおすすめな理由と特徴を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します