韓国の取引所V Global前CEOに有罪判決、約2,200億円の不正流用疑い

巨額の仮想通貨詐欺

韓国の水原(スウォン)地方裁判所は11日、資産の不正流用や詐欺などの疑いに問われていた暗号資産(仮想通貨)取引所V GlobalのLee Byung-gul前CEOに、懲役22年の有罪判決を言い渡した。仮想通貨メディア「Forkast」などが報じた。また、一部報道によれば、1064億ウォン(約102億円)の追徴命令も下された。

Lee前CEOを含む、同取引所の取締役7人は、約19億ドル(約2,220億円)の資産不正流用の疑いで起訴されていた。前CEOを除く6人には、4年から14年の懲役刑が言い渡された。また、同社名義の預金口座から100億ウォン(約9億6000万円)が没収されたという。

今回の事件は、韓国での過去最大規模の仮想通貨が関連した詐欺事件と見られている。V Globalは通常の取引所のように運営していたが、実際にはいわゆるネズミ講を行っていた。

関連:韓国の仮想通貨取引所、詐欺の疑いで捜査 200億円超の資産を凍結

韓国警察は、少なくとも52,000人の投資家が被害を被ったことを明らかにしている。被害者グループの代理人を務めるHan Sang-jun弁護士によると、被害者の少なくとも1人が自ら命を絶っているという。

利益保証で投資家を呼び込み

V Globalは、取引所利用のために必要な600万ウォン(約60万円)の預金に対して、300%の利益を保証すると謳い投資家を集めた。

取引所は、600万ウォンを預けた人には、自社トークン「V Cash」を1,800万枚渡すと約束。一部の投資家には支払いが行われたが、韓国検察によると、その資金は新規顧客の預金から引き出されたものだったとのことだ。

また、新規顧客を紹介した人に120万ウォン(約12万円)の手数料を保証するというネズミ講のようなシステムも運用されていた。

韓国では21年、219件の仮想通貨関連の詐欺が摘発された。今回の事件について検察当局は、被告全員に、無期懲役を求刑していた。Han弁護士は、V Globalが取引所としての実体を持っていたことが、投資家の信頼を形成する一因になったと指摘している。

関連:韓国、仮想通貨取引所の半数以上が停止か廃業に=報道

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します