デジタル・ユーロ協会(DEA)が米リップル社と提携、欧州のCBDC研究開発に協力

デジタル通貨のシンクタンク

ドイツに拠点を置き、デジタル通貨に特化したシンクタンクであるデジタル・ユーロ協会(DEA)は11日、米リップル社との提携を発表した。リップル社はDEAと共同で中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究開発に取り組むことになる。

DEAは欧州及びグローバル市場で、CBDCをはじめ、ステーブルコインや暗号資産(仮想通貨)関連の研究、教育、政策立案の支援活動を行なっているが、中でもデジタル・ユーロに重点的に取り組んでいる。

DEAのJonas Gross会長はリップル社との提携を通して、DEAが技術的な専門知識を深めることを期待しているという。

世界中で、これまで研究に重点を置いてきたCBDCプロジェクトの段階が進むにつれ、近い将来、CBDCの技術設計は政策決定者にとって重要な役割を果たすことになるだろう。

リップル社の中央銀行エンゲージメント担当副社長である、James Wallis氏によると、同社はCBDC関連の取り組みに力を入れており、40人規模のチームが世界各地で、CBDCとステーブルコインのソリューション開発に携わっているとのことだ。

CBDC

CBDCとは、「Central Bank Digital Currency」の略で、各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された法定通貨を指す。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題も多い。

▶️仮想通貨用語集

リップル社とCBDC

「価値のインターネット」の実現を目指すリップル社は、創設以来、国際送金ソリューションの開発に取り組んでおり、世界有数の金融機関や企業、決済プロバイダーと提携し、グローバルな決済ネットワークを築いてきた経緯がある。

リップル社は昨年3月、中央銀行の利用を想定し、「CBDC Private Ledger」(CBDCプライベート台帳)の試験的導入を発表。同社のオープンソースの分散型台帳「XRP Ledger(XRPL)」と同じブロックチェーン技術を基盤とし、通貨発行と決済の構築を見据えた設計となっているという。

同社はXRPL上で8年以上にわたり、XRPを含む5,400種以上の通貨を発行してきた実績があるため、CBDCの発行も可能だと説明した。また、CBDCの場合、他国通貨との相互運用性が重要となるが、ブリッジ通貨としてXRPの活用も視野に入れているという。

また、CBDCプライベート台帳は低コストで即座に送金可能であり、処理能力は差し当たって毎秒数万件、その後は数十万件に拡大する見込みであり、中央銀行の送金ニーズにも十分応えられると主張した。

さらにPoW(プルーフ・オブ・ワーク)プロトコル基盤のパブリック・ブロックチェーンと比較すると、エネルギー消費量は6万1,000倍効率的であると付け加えた。

関連:リップル社、中央銀行デジタル通貨連携を視野──「XRP Ledger」のプライベート版をテスト

CBDC関連事業に発展

リップル社はCBDCプライベート台帳の導入発表後、昨年後半には相次いでCBDC関連の大きな動きを見せた。

  • 2021年9月:ブータン王国の王立財政庁(RMA)と協業し、CBDCの試験運用を発表

  • 2021年10月:英国で非営利団体「デジタルポンド財団」を設立、ポンド建CBDCの設計と導入を支援

  • 2021年11月:パラオ共和国と提携し、デジタル通貨の戦略を策定。政府が支援するステーブルコインの導入を目指す。

関連:リップル社がパラオ共和国と提携、デジタル通貨の戦略を開発へ

リップル社は、世界の8割の銀行が何らかの形でCBDCの可能性を模索していることから、「CBDCの出現は必至」と予測。一方、各国特有の状況や市場環境から、対処すべき課題は異なるため、多様なCBDCソリューションが生まれることになると見ている。

今月初め、米ボストン連邦準備銀行とマサチューセッツ工科大学デジタル通貨イニシアチブ(MIT DCI)はデジタルドルに関する技術研究を発表したが、使用されたソフトウェア「OpenCBDC」には、ブロックチェーン技術を使用しないという選択がなされた。

関連:米ボストン連銀とMIT、CBDC構築のソフトウェアを一般公開

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します