CoinPostで今最も読まれています

デジタル・ユーロ協会(DEA)が米リップル社と提携、欧州のCBDC研究開発に協力

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

デジタル通貨のシンクタンク

ドイツに拠点を置き、デジタル通貨に特化したシンクタンクであるデジタル・ユーロ協会(DEA)は11日、米リップル社との提携を発表した。リップル社はDEAと共同で中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究開発に取り組むことになる。

DEAは欧州及びグローバル市場で、CBDCをはじめ、ステーブルコインや暗号資産(仮想通貨)関連の研究、教育、政策立案の支援活動を行なっているが、中でもデジタル・ユーロに重点的に取り組んでいる。

DEAのJonas Gross会長はリップル社との提携を通して、DEAが技術的な専門知識を深めることを期待しているという。

世界中で、これまで研究に重点を置いてきたCBDCプロジェクトの段階が進むにつれ、近い将来、CBDCの技術設計は政策決定者にとって重要な役割を果たすことになるだろう。

リップル社の中央銀行エンゲージメント担当副社長である、James Wallis氏によると、同社はCBDC関連の取り組みに力を入れており、40人規模のチームが世界各地で、CBDCとステーブルコインのソリューション開発に携わっているとのことだ。

CBDC

CBDCとは、「Central Bank Digital Currency」の略で、各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された法定通貨を指す。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題も多い。

▶️仮想通貨用語集

リップル社とCBDC

「価値のインターネット」の実現を目指すリップル社は、創設以来、国際送金ソリューションの開発に取り組んでおり、世界有数の金融機関や企業、決済プロバイダーと提携し、グローバルな決済ネットワークを築いてきた経緯がある。

リップル社は昨年3月、中央銀行の利用を想定し、「CBDC Private Ledger」(CBDCプライベート台帳)の試験的導入を発表。同社のオープンソースの分散型台帳「XRP Ledger(XRPL)」と同じブロックチェーン技術を基盤とし、通貨発行と決済の構築を見据えた設計となっているという。

同社はXRPL上で8年以上にわたり、XRPを含む5,400種以上の通貨を発行してきた実績があるため、CBDCの発行も可能だと説明した。また、CBDCの場合、他国通貨との相互運用性が重要となるが、ブリッジ通貨としてXRPの活用も視野に入れているという。

また、CBDCプライベート台帳は低コストで即座に送金可能であり、処理能力は差し当たって毎秒数万件、その後は数十万件に拡大する見込みであり、中央銀行の送金ニーズにも十分応えられると主張した。

さらにPoW(プルーフ・オブ・ワーク)プロトコル基盤のパブリック・ブロックチェーンと比較すると、エネルギー消費量は6万1,000倍効率的であると付け加えた。

関連:リップル社、中央銀行デジタル通貨連携を視野──「XRP Ledger」のプライベート版をテスト

CBDC関連事業に発展

リップル社はCBDCプライベート台帳の導入発表後、昨年後半には相次いでCBDC関連の大きな動きを見せた。

  • 2021年9月:ブータン王国の王立財政庁(RMA)と協業し、CBDCの試験運用を発表

  • 2021年10月:英国で非営利団体「デジタルポンド財団」を設立、ポンド建CBDCの設計と導入を支援

  • 2021年11月:パラオ共和国と提携し、デジタル通貨の戦略を策定。政府が支援するステーブルコインの導入を目指す。

関連:リップル社がパラオ共和国と提携、デジタル通貨の戦略を開発へ

リップル社は、世界の8割の銀行が何らかの形でCBDCの可能性を模索していることから、「CBDCの出現は必至」と予測。一方、各国特有の状況や市場環境から、対処すべき課題は異なるため、多様なCBDCソリューションが生まれることになると見ている。

今月初め、米ボストン連邦準備銀行とマサチューセッツ工科大学デジタル通貨イニシアチブ(MIT DCI)はデジタルドルに関する技術研究を発表したが、使用されたソフトウェア「OpenCBDC」には、ブロックチェーン技術を使用しないという選択がなされた。

関連:米ボストン連銀とMIT、CBDC構築のソフトウェアを一般公開

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07:15
「BTCを米国の準備金に」議員が法案を発表か
仮想通貨ビットコインを米国の準備金にすることを定めた新しい法案を、共和党議員がビットコイン2024で発表する計画であることが報じられた。議員自身も大きな発表を行うことをXで示唆している。
06:45
フェラーリ、米国に続き欧州でもビットコイン決済受付へ
イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」は7月末より、欧州で車の購入代金としてビットコインなどの仮想通貨銘柄の受け入れる。昨年10月に米国で初めて開始した支払いオプションだ。
06:25
取引所ビットスタンプ、マウントゴックス債権者へビットコイン支払い開始
ビットスタンプは25日に公式声明で、マウントゴックスの管財人から仮想通貨ビットコインとビットコインキャッシュを受け取り、25日木曜日からビットスタンプの顧客に資産の配布を開始すると伝えている。
05:50
ハリス米副大統領、「ビットコイン2024」に登壇しないことに
ハリス米副大統領は、25〜27日に米ナッシュビルで開催予定の大型カンファレンス「ビットコイン2024」に登壇しない結果となった。
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア